文字を標準サイズにする
文字を拡大する

2011年」 記事一覧

第五管区海上保安本部では、窓口対応の五管区海の相談室、テレホンサービス及びホームページにより海洋情報の提供を行っています。 このたび、平成23年の提供状況がまとまりました。概要は以下のとおりです。 1 提供別の状況 海の相談室 一般の方からの海洋に関する様々な質問に対応するため、平成2年6月から「海の相談室」を開設しております。平成23年の相談件数は、昨年比5件(2%)増の293件でした。 相談内容 潮汐・海潮流に関することが最も多く、次いで海図等の水路図誌に関すること、日出没時間等の天文に関することの順でした。 利用者 一般の方からの相談が約2/3を占め、民間企業、国や地方公共団体の順でした…

 >> 続きを読む

   事件事故広報実績112月3日和歌山海上保安部和歌山市青岸沖防波堤釣人孤立情報212月5日田辺海上保安部機関故障船情報312月11日第五管区海上保安本部高知県室戸岬沖急患輸送情報412月17日田辺海上保安部田辺沖タンカー火災について512月28日神戸海上保安部船舶火災情報61月8日宿毛海上保安署素潜り中の男性 行方不明情報71月8日高知海上保安部漂流遺体揚収81月15日和歌山海上保安部有田市宮崎の鼻沖プレジャーボート乗員行方不明情報91月15日和歌山海上保安部海南市小型漁船乗揚げ情報101月18日高知海上保安部高知港内転落車両から遺体発見情報111月19日和歌山海上保安部漂流死体…

 >> 続きを読む

1月18日は「118番の日」です。

 1月18日は、「118番の日」 です。 海上保安庁では、毎年1月18 日を「118 番の日」に制定し、1月18 日を中心に全庁を挙げて様々な周知活動を実施しています。 しかしながら、「118 番」 については、いまだ一般国民に十分に浸透しているとは言えない状況にありますので、今般、俳優・歌手の杉良太郎氏に「平成24 年海上保安庁118 番イメージモデル」として協力していただくこととなり、新たに「118番の日」 周知用ポスター及びリーフレットを作成しました。海における緊急時には、緊急電話 「局番なしの118番」 をご利用ください。画像をクリックすると拡大します。 印刷用の大…

 >> 続きを読む

4年ぶりに新しい航路標識が設置されます

 海上保安庁では、船舶が海上を安全に航行できるよう各港湾及び海上等に航路標識を設置し、それらの保守・管理を行っています。  第五管区海上保安本部では、今年度4年ぶりに高知県幡多郡黒潮町(入野港)と和歌山県新宮市(新宮港)の2港に新しい航路標識を設置します。  航路標識は「海の道しるべ」として、海上を航行する船舶の大事な指標として全国各地の港湾、沿岸及び海上等に設置され、主に光を用いた光波標識(以後、灯台という。)と電波を用いた電波標識に区別されます。 第五管区海上保安本部管内では、平成19年度以降4年ぶりに新しい灯台を設置します。(灯台の設置方法については別添1参照) 今回設置される灯台は…

 >> 続きを読む

2012年初日の出情報

  2012年(平成24年)元旦における五管区管内の主な山、岬、海岸の初日の出情報をホームページで提供します。 http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KAN5/ (PC) http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KAN5/m/ (携帯)    日の出時刻は、太陽の上端が地平線(水平線)に接する瞬間です。 初日の出情報は、日の出方向の山など地形や建物の影響を考慮していないので、場所によっては記載時刻より遅くなります。 日の出方位は東南東方です。  海上保安庁のホームページには日本各地、世界各地、日本の百名山、日本の灯台5…

 >> 続きを読む

 第五管区海上保安本部では、阪神・淡路大震災の経験と教訓を忘れることなく、安全・安心な社会づくりを推進するため、ひょうご安全の日推進県民会議(会長:兵庫県知事)が主催する「ひょうご安全の日のつどい」に参画し、下記のとおりブース展示、津波災害対応訓練等を実施します。1 実施年月日平成24年1月17日(火)  2 実施場所神戸市中央区脇浜海岸通1丁目 HAT神戸周辺3 実施概要(1)第五管区海上保安本部ブース展示【10:30 頃~15:00 頃の間】 海上保安業務パネル、震災時における海上保安庁活動パネル及び津波防災情報図の展示ブースを設け、防災啓発等を行います。また海上保安庁…

 >> 続きを読む

   事件事故広報実績 1 11月1日加古川海上保安署東二見沖海中転落行方不明者発生情報 2 11月2日 高知海上保安部須崎市久通漁協沖海中転落情報 3 11月9日 加古川海上保安署東二見沖海中転落行方不明者の死亡発見について 4 11月10日 …

 >> 続きを読む

のり養殖施設への進入事案・乗揚げ海難の防止について のり養殖漁期における安全運航  例年、のり養殖施設への進入事案・乗揚げ海難が発生しています。これら海難を防止するため、「のり養殖施設の存在を周知」するとともに、「見張りの励行」、「船位確認の徹底」、「VHFの常時聴守」等の安全運航を呼び掛けています。  大阪湾、播磨灘などの海域では、9月から翌年5月頃までのり養殖漁業が盛んに行われており、この間、のり養殖施設が多数設置されます。  例年、これら養殖施設に、プレジャーボート等の船舶が進入して絡網したり、乗揚げたりする海難が発生しており、過去3漁期の海難状況は海難防止が功を奏し減少傾向にありま…

 >> 続きを読む

南海トラフにおける地殻変動観測について (室戸岬沖に新海底基準点を設置)  海上保安庁では、これまで地殻変動観測の空白域であった海底の動きを直接観測するために、海底地殻変動観測を行っており、三陸から室戸岬沖にかけての太平洋側沖合いに海底の動きを測定するための海底基準点を設置しています。 今般、観測体制強化のために室戸岬沖に新たな海底基準点を設置します。  海上保安庁では平成12年から海底地殻変動観測を行っており、日本海溝や南海トラフ海底の動きを調べています。今般、南海トラフにおける観測体制強化のため、11月下旬、室戸岬沖約90キロメートル(水深約1,800メートル)の海底に新たな海底基準点…

 >> 続きを読む

   事件事故広報実績 1 10月16日 田辺海上保安部 急患発生情報 2 10月24日 徳島海上保安部 末広大橋付近衝突事故広報 3 11月1日 加古川海上保安署…

 >> 続きを読む

 11月5日午後2時から午後4時に神戸港沖おいて実施いたします 「海上防災訓練展示」 では、海上保安庁をはじめとする関係機関が、津波被害への対応として想定される海上漂流者の救助、漂流火災船の消火・曳航、航路標識復旧等の活動に従事する状況を「巡視船せっつ」にて現場に臨場し順次ご覧になって頂くというものです。(概要図参照) 1 航路標識復旧展示(1-1・1-2)  神戸和田岬防波堤灯台において、出港時には仮灯設置準備作業を、帰港時には、仮灯設置し復旧完了した状況を展示します。 2 航空機による海上漂流者吊上げ救助訓練  当庁固定翼機による被害状況調査の後、海上漂流物につかまっている漂流者や救命…

 >> 続きを読む

 11月1日は灯台記念日です。この灯台記念日に合わせ、全国各地において、灯台、海上交通センターの一般公開等が行われます。第五管区海上保安本部管内においても、次のとおり灯台の一般公開や灯台写真展示会等を、管内8箇所において行いますので、是非足を運んでみて下さい。 実施日 行事名/公開時間 実施場所 問い合わせ先 10月28日(金) ~ 11月1日(火) …

 >> 続きを読む

 第五管区海上保安本部では、平成23年3月11日(金)発生した東北地方太平洋沖地震に関し、被災地を管轄する第二管区海上保安本部に、次の勢力を派遣し、救助・支援活動等を行っています。 〔第五管区からの派遣勢力〕(3月11日~) 派遣人員延べ約7810人【+510人】 巡視船延べ199隻【+13隻】 神戸海上保安部所属 巡視船せっつ (PLH型) 高知海上保安部所属 巡視船とさ (PL型) 和歌山海上保安部所属 巡視船きい (PL型) 徳島海上保安部所属 巡視船よしの (PM型) 田辺海上保安部所属 巡視船みなべ (PM型) 航空機延べ161機【+10機】 関西空港海上保安航空基地所…

 >> 続きを読む

   事件事故広報実績 1 9月5日 田辺海上保安部 巡視船きいによる新宮市への災害協力について 2 9月5日 第五管区海上保安本部 台風12号に伴う被害状況と第五管区海上保安本部の対応について 3 …

 >> 続きを読む

 第五管区海上保安本部 下里水路観測所は、海図作成をはじめ、我が国の大陸棚主張や地震による海底地殻変動の監視に不可欠な測量の基準点(本土基準点)を決定するために、人工衛星へのレーザー測距観測を日々行っています。昭和57年3月9日にレーザー測距観測を開始し、30年目の今年9月9日、通算観測回数が3万回に達しました。 私たちが生活する地球の表層(プレート)は、ゆっくりと移動しています。このため、各国の海洋権益に直接結びつく排他的経済水域、大陸棚の確定や地震による地殻変動の監視などには、グローバルスタンダードで正確な位置の測定が必要となります(図1参照)。 このような位置を測定する方法として、地球の…

 >> 続きを読む

和歌山県太地町における鯨類追込網漁は9月から開始されており、反捕鯨活動家による周辺海域での妨害行為など事案の発生が予想されることから、第五管区海上保安本部では、海上における人命等の安全確保及び違法行為の未然防止を図るため、必要な体制を整え警戒の業務を実施しています。これまでの現地での状況等は次のとおりです。1 警戒本部等の設置(1) 第五管区太地町鯨類追込網漁業警戒本部    8月25日設置 本部長:第五管区海上保安本部警備救難部長(2) 第五管区太地町鯨類追込網漁業現地警戒本部    8月25日設置 本部長:田辺海上保安部長(3) 串本海上保安署太地町臨時駐在所    8月31日設置 場所:…

 >> 続きを読む

 第五管区海上保安本部では、台風12号に伴う豪雨災害に伴い、平成23年9月4日から巡視船艇及び航空機を被災地域に派遣、9月5日には第五管区海上保安本部内に「台風12号に伴う豪雨災害対策室」を設置し、給水支援活動や行方不明者の捜索活動を実施しています。1、給水支援活動について9月5日(月)から9月12日(月)までの間に、自衛隊給水車、自治体給水車、一般住民に対し、巡視船艇から給水活動を実施しました。※ 特に人工透析等大量の水が必要な新宮市医療センターへは、安定した供給が必要なことから継続して巡視船から給水車により配給しました。 (1) 給水量 のべ404.18トン(2) 配給した給水車…

 >> 続きを読む

第五管区海上保安本部では、平成23年3月11日(金)発生した東北地方太平洋沖地震に関し、被災地を管轄する第二管区海上保安本部に、次の勢力を派遣し、救助・支援活動等を行っています。〔第五管区からの派遣勢力〕(3月11日~)・派遣人員延べ約7300人【+300人】・巡視船延べ186隻【+7隻】神戸海上保安部所属 巡視船せっつ (PLH型)高知海上保安部所属 巡視船とさ (PL型)和歌山海上保安部所属 巡視船きい (PL型)徳島海上保安部所属 巡視船よしの (PM型)田辺海上保安部所属 巡視船みなべ (PM型)・航空機延べ151機【+5機】関西空港海上保安航空基地所属の固定翼機(サーブ340)2機関…

 >> 続きを読む

  事件事故広報実績18月2日田辺海上保安部田辺湾畠島プレジャーボート乗揚事故について28月4日和歌山海上保安部和歌山市加太田倉崎沖水上オートバイ乗揚げ海難38月5日神戸海上保安部要救助者情報48月6日和歌山海上保安部加太行方不明サーファー情報58月7日和歌山海上保安部磯ノ浦サーファー人身事故情報68月13日和歌山海上保安部友が島 沖ノ島未帰還ゴムボート発見情報78月14日和歌山海上保安部友が島 地の島プレジャーボート 乗揚げ情報88月14日姫路海上保安部男鹿島遊泳客水難事故98月17日田辺海上保安部白浜網不知付近海岸における浮流油について108月17日海南海上保安署有田市初島町沖ノ…

 >> 続きを読む

平成23 年度 第12 回未来に残そう青い海・海上保安庁図画コンクール(募集のご案内)1 主催 海上保安庁2 後援 (財)海上保安協会3 募集期間平成23年6月1日(水)から平成23年9月16日(金)まで4 対象者と募集部門小学生及び中学生(部門)○ 小学生低学年の部(小学生1~3年生)○ 小学生高学年の部(小学生4~6年生)○ 中学生の部5 表彰(小学生低学年、高学年、中学生の3部門それぞれ)(1) 海上保安庁○海上保安庁長官賞1点○海上保安協会会長賞1点(2) 第五管区海上保安本部○第五管区海上保安本部長賞1点○海上保安協会神戸地方本部長賞1点○その他協力機関表彰なお、…

 >> 続きを読む

カテゴリ