文字を標準サイズにする
文字を拡大する

海の緊急情報配信サービス等を開始します

海の緊急情報配信サービス等を開始します
 


プレジャーボート、漁船等の小型船舶の運航者や磯釣り、マリンスポーツなどのマリンレジャー愛好者の方々などに対して、webサイト(パソコン、携帯電話)、テレホンサービス、無線電話により、全国の海上保安部等からリアルタイムに海の安全に関する情報を提供する「沿岸域情報提供システム(MICS*)」について、緊急時の情報をより迅速かつ的確に利用者に提供するため、新たに電子メールを通じて情報を配信するサービスを開始するとともに、利用者にとって、より分かりやすく、利用しやすくするため、全面的なリニューアルを行います。
第五管区海上保安本部においては、7月1日から電子メールによる緊急情報の配信サービス及びリニューアルしたMICSの運用を開始します。
*MICS: Maritime Information and Communication System


1 緊急情報配信サービスで配信する情報*1 (資料)


(1)気象警報・注意報等*2
  •  気象警報(暴風、大雨、波浪、高潮、大雪、暴風雪)
  •  気象注意報(強風、波浪、高潮、濃霧、風雪、大雨、大雪)
  •  地方海上警報(濃霧、強風、暴風、台風、うねり、着氷)
  •  津波警報、注意報


(2)安全情報
  •  武力攻撃事態等、海上保安庁国民保護計画に基づき航行船舶へ伝達すべき情報*2
  •  台風、暴風、津波等による港における避難勧告等の発令状況*3
  •  船舶海難や油流出事故等、航行船舶に影響のある海難・事故等の発生情報*3
  •  視界不良時の航行制限等、船舶航行の制限・禁止に関する情報*3
  •  灯台、灯浮標等の航路標識の消灯等の情報*3
  •  流木、無人漂流船舶等、航行船舶に影響のある漂流物等の情報*3
  •  その他、航行船舶の安全を確保するために必要な情報*3
  • *1 緊急情報配信サービスを利用するためには、事前にメール配信登録が必要です




QR コードまたはhttp://www7.kaiho.mlit.go.jp/micsmail/reg/touroku.htmlにアクセスしてください。
*2 気象庁が発表する気象警報・注意報等や武力攻撃事態等の全国の広域に及ぶ緊急情報の提供については、全国を対象として、本庁において既に実施されています。
*3 新たに、第五管区の管轄海域(和歌山県、大阪府、兵庫県(日本海側を除く)、徳島県、高知県)の沿岸域情報を提供します。


2 沿岸域情報提供システム(MICS)webサイトのリニューアル
 


これまで各海上保安部が独自に行っていた沿岸域情報提供システムの運用を、管区本部に統合し、提供項目、内容を整理し、直ちに提供するように運用体制を整え、リニューアルしたwebサイトにより提供します。詳しくはこちらをご覧ください。


3 テレホンサービス(気象・海象情報提供)の集約


大阪海上保安監部、神戸、姫路及び和歌山海上保安部が行なっている大阪湾内の主要な灯台付近の気象・海象に関するテレホンサービスは、第五管区海上保安本部に集約し、新たな番号によりテレホンサービスを行います。詳しくはこちらをご覧ください。




4 参考事項
 


緊急情報配信サービスについては、第三管区において、既に平成23年7月1日から実施されています。
平成24年度については、第五管区のほかに、第四管区、第六管区及び第七管区において、7月1日から運用が開始される予定です。



EDIT


カテゴリ