文字を標準サイズにする
文字を拡大する

春から初夏の大潮にご注意!

これからの季節は、水温・気温とも暖かくなり、潮干狩り、磯遊び、釣りやプレジャーボートなど海でのレジャーを計画される方も多くなります。
一方、春から初夏の大潮の時期は、日中の干満差が普段よりも大きくなる季節でもあります。

磯遊びなどで普段は歩いて渡ることができない場所でも、大きく潮が引くことで干潟や磯場を渡ることができますが、遊びに夢中になると、潮が満ちて帰れなくなることもあります。また、普段は船で安全に航行できる海域でも、大きく潮が引くことでできた浅瀬に底触することもあります。

平成19年5月には、釣り人3名が潮が大きく引いた時間帯(干潮時)に磯場に徒歩で渡り、釣りを始め、潮が満ちた時間帯(満潮時)になっても釣りをしていたため、磯場に取り残され、帰還できなくなった事例がありました。

海でのレジャーを思い立ったら、潮の干満の差、満潮・干潮の時間を予め確認しておくことが大切です。

安全な海でのレジャーを楽しんでいただくため、当本部のインターネットサイトでは、このような潮汐情報を簡便に入手できるよう提供していますので、ご利用ください。
また、験潮所のデータによる「リアルタイム潮位情報」や「潮干狩りカレンダー」も提供していますので、併せてご利用ください。












EDIT