文字を標準サイズにする
文字を拡大する

東南海・南海地震に備えて(東日本大震災から1年の活動と今後の対策)

平成23年3月11日に発生した東日本大震災
あの日から1年が経とうとしていますが、海上保安庁では発災当日から現在まで、引き続き救助・捜索活動を続けています。

そして、今後30年以内に発生が予想されている「東南海・南海地震」への対応も急がれているところであり、東日本大震災や昔の南海地震など、過去の事例から学び、地震や津波のメカニズムを知り、今後の防災や災害を最小限に防ぐ「減災」対策を取る必要があります。

これらについては、いずれ詳細な資料やマニュアル等々が整備されていくところですが、まずは東日本大震災から1年を機に、当時の東北地方における被災写真や海上保安庁の活動状況の記録画像、そして過去の事例や今後の対策を簡潔にとりまとめた資料をスライドで閲覧できるページを作成しました。

大小二つのサイズのページを用意しましたので、適宜ご覧ください。
なお、自動で画面が切り替わる機能については、javascript(ジャバスクリプト)を利用しておりますので、インターネットエクスプローラ等のブラウザ(閲覧ソフト)のセキュリティを「中」にしてご覧ください。


画面サイズ 大
http://www.kaiho.mlit.go.jp/05kanku/contents/etc/slide/

画面サイズ 小
http://www.kaiho.mlit.go.jp/05kanku/contents/etc/slide/s.html



EDIT