文字を標準サイズにする
文字を拡大する
 

海洋情報部 (監理課、海洋調査課、測量船うずしお)

  船の航海の安全に必要な海の調査を行って海図(海の地図)等を作成し、航行警報等の情報提供を行っています。 また、監理課には「海の相談室」があります。



 業務内容   

  • 海の測量(水路測量)の実施にかかる許可及び公示に関すること。
  • 海洋情報の収集提供。沿岸域環境保全情報の整備。
  • 海の相談室業務。
  • 海図の最新維持及び船舶交通の安全のために必要な事項に関する水路通報・航行警報業務の実施。
  • 水深・海岸線など航海者に必要な情報収集のための水路測量の実施及び港湾管理者等が実施した水路測量結果を活用しての海図最新維持。
  • 船舶通行量の多い海峡や港湾等における潮汐・海流・潮流など航海に必要な情報の収集・提供を実施。

海の相談室電話応対

 海の相談室とは・・・海運、漁業、海洋開発、海洋調査、マリンレジャーなど各種海洋利用者の健全な海洋活動に不可欠な、さまざまな 海のデータ・情報について、個々の海洋利用者が知りたい・入手したいとするデータ・情報を提供する窓口で、どなたでもお気軽にご利用いただけます。

当相談室では主に、第五管区海上保安本部の管轄海域(和歌山県、大阪府、兵庫県、徳島県、高知県の各沿岸域とその沖合)のデータ・情報を取り扱っています。

ご利用は、電話や手紙、FAX、メールなどのほか、直接ご訪問いただいても結構です。当相談室においでいただくと関係資料、図類の閲覧もできます。
当相談室は、第五管区海上保安本部の庁舎7階にあります。(お電話、ご訪問は、平日の午前8時30分から午後5時15分までの間にお願いします。)
当相談室では、ご質問などには迅速に調査・回答することとしていますが、ご質問の内容によっては時間がかかる場合があります。

   提供データ・情報の内容

項 目内 容
 航海安全
 
 工事・作業、航行禁止・制限、行事、航路標識・目標物の位置、水中障害物、港湾施設など
 海  象 潮汐、潮流、海流、平均高潮(低潮)間隔など
 水路測量 水深、岸線、底質、基本水準標、基本水準面、磁針偏差など
 水路図誌
 
 海図、水路誌、潮汐表、天体位置表など水路図誌記載事項の説明及び利用方法、水路図誌販売所など
 地理・地形 地名、海底地形及び名称、海上距離、海域の範囲、航空写真など
 天  文
 
 日・月出没時刻、太陽高度、月齢、月の朔望日、春分・秋分日、新暦・旧暦対照、24節気及び雑節など
 そ の 他 海に関する基礎的情報(物理的情報)、潮干狩り情報など
  
 

 連絡先 

 〒650-8551  神戸市中央区波止場町1番1号  (神戸第2地方合同庁舎 7F 東側)
 ● 電話番号 078-391-6651(代表) 内線2511  FAX 078-332-6307  
      利用日   月曜日 ⇒ 金曜日 (祝日や年末年始を除きます)
利用時間  午前8時30分 ⇒ 午後5時15分
 
海上における事件・事故の緊急通報は、局番なしの 「118番」にお願いします。

・ 船舶衝突や転覆、乗り揚げ等の海難事故、海で人身事故に遭遇した、または目撃した。
・ 油等の排出や廃棄物を発見した。
・ 不審船を発見した。
・ 密航・密輸事犯等の情報を得た。    など。

お電話の際は、「いつ」 「どこで」 「なにがあった」 などを簡潔に落ち着いて通報してください。

最終更新日:2014年8月 6日 10:57

E

通報のお願い

新着情報

海洋情報部に関連する記事(最新の10件)


 測量船うずしお

測量船うずしお

E

E

 海洋情報の提供

 YouTube 人工衛星レーザー測距観測中

 第五管区海上保安本部では、インターネット上の動画コンテンツ共有サイト YouTube を利用して、海難救助やイベント等の躍動感あふれる映像を配信しています。
 

E

下里水路観測所

下里水路観測所
 下里水路観測所は、海上保安庁唯一の水路観測所で、1982年から人工衛星を用いた 人工衛星レーザー測距観測 (SLR : Satellite Laser Ranging) を日夜行っています。

E

 海図を利用しましょう

(財)日本水路協会 水路協会 
 海図は、文字どおり海の地図。水深や潮の流れ、海底や海中の情報など、陸の地図にはない航海に必要な情報がたくさん載っています。 
 

E