文字を標準サイズにする
文字を拡大する


 第五管区海上保安本部では、領海警備や排他的経済水域における監視活動の実施等を通じて、我が国の領海における主権を確保し、また、我が国海洋権益の保全に努めています。


1 領海警備及びEEZにおける権益の保全

 第五管区海上保安本部では、我が国の領海における主権を確保するために領海警備を的確に実施していくことに加え、EEZにおける我が国の海洋権益の保全に努めています。
 
沖ノ鳥島周辺をしょう戒する巡視船「せっつ」
 沖の鳥島周辺をしょう戒する巡視船「せっつ」


EEZ(排他的経済水域:Exclusive Economic Zone)とは
 領海の外側で基線から200海里(約370km)を超えない範囲で、沿岸国に同水域の一切の漁業及び鉱物資源に対する排他的な管轄権及び海洋汚染を規制する権限が認められている水域のことを言います。




01治安の確保へ戻る03命を救うへ
 

最終更新日:2011年9月 5日 09:48

E

  • 治安の確保
  • 命を救う
  • 青い海を護る
  • 災害に備える
  • 海を識る
  • 交通の安全を守る
  • 海を繋ぐ
  • 広報・地域連携
  • 目指せ海上保安官
領海等を守る を担当する部局

E

  警備救難部

 海上における警備業務、救難業務、環境防災業務の3つを担当する部局であり、いわば海保の正面業務を担当しています。

  詳しくはこちら

E

 海のもしもは118

海のもしもは118 
 

海上保安庁では、海上における事件・事故の緊急通報用電話番号として、局番なしの3桁電話番号 「118」 番の運用を行っています。

次のような場合に通報をお願いします。

・ 船舶衝突や転覆、乗揚げ等
の海難事故
・ 海で人身事故に遭遇、または
目撃した
・ 不審船を発見した
・ 密輸・密航事犯の情報を得た

など

お電話の際は、「いつ」 「どこで」 「なにがあった」 などを簡潔に、落ち着いて通報してください。


 詳しくはこちら
 

E