文字を標準サイズにする
文字を拡大する

 海上保安庁では、皆様に安全にマリンレジャーを楽しんでもらうため、役立つ情報を各種発信して、これを有効活用していただくことにより、マリンレジャー事故の減少につながるよう取り組んでいます。 海上保安の仕事 「命を救う」 業務については、こちらをご覧ください。 





ライフジャケットの常時着用
 ライフジャケットは、日本語名で 「救命胴衣」 と呼ばれるとおり、命を助けるためのものです。    
 確かに、磯釣りや磯遊びなどのレジャーを行う場合、ライフジャケットの着用義務はありません。 でも、ライフジャケット着用の有無で生死を分けるといった事例が沢山あることも事実。 私たち海上保安庁では、海中転落事故の救助活動を行うたびに 「ライフジャケットさえ着用してくれていたら・・・」 という悔しい思いが募ります。 
 大切な命を守るため、海上でのレジャーを楽しむ際は、ライフジャケットを常時着用しましょう。
 

連絡手段の確保
 普段お使いの携帯電話で結構です。 防水パックに入れて携行しましょう。  防水パックに入れたら防水電話に早変わり、パックに入れたまま操作や会話も可能です。
 最近では、防水機能付きの携帯電話もありますが、海に落とせば沈んでしまいます。 防水パックは空気層があり、海に浮くので安心です。
 

118番の有効活用
 118番は、海上保安庁専用の緊急電話番号。24時間休み無く対応しています。  
 海で事故にあったり、事故を知ったときは、迷わず全国共通・局番なしの118番に電話連絡してください。
 
  海上保安庁では、海上での死亡事故減少のため 自己救命策確保キャンペーン を推進しています。

                     詳細はこちら






釣り安全 五管五則

  1  ひとつ ひごろの気象把握        気象の把握                                 
    2  ふたつ ふだんの携帯持って       携帯電話で118番                          
      3  みっつ みんなで ひとりで行かぬ    単独行動の回避                         
        4  よっつ 予期せぬ 高波注意        一発波、高波に注意                    
          5  いつつ いつでもライジャケ着けて    ライフジャケットの着用                 

                     詳細はこちら







 全国で、スキューバダイビング中の事故が増加しています。
 技量に応じた計画を立てて、健康や体調を管理し、気象や海象(潮流、潮汐)などの把握を行って、バディーと一緒に、安全なダイビングを楽しみましょう。

                     詳細はこちら







  第五管区内では、全体の約4割がプレジャーボートによる海難となっています。
  特にプレジャーボート等で海上花火大会観覧した後、帰港中の海難が多発しており、十分注意が必要です。
  遊びで乗るプレジャーボートですが、海の上では船長としての責任があります。無理のない航海計画を立て、気象海象を把握、連絡体制の確保、体調を整えるなどの準備を行い、出航前には船体や機関の点検を行い、ライフジャケットなど所定の装備を確認したうえで、ルールやマナーを守って安全運航に努めましょう。

                     詳細はこちら




水上オートバイ安全運航


 海上を疾走する水上オートバイは、自由な雰囲気がたっぷりです。
 しかし、ライフジャケットの常時着用や飲酒運転の禁止など、数々の遵守事項があります。
 もちろん、海技免状(操縦者免許)がないと操縦することはできませんし、検査に合格していない水上オートバイは動かすこともできません。また、遊泳者やダイバーの近くを航走することも禁止されていますし、漁業施設の近くを航走することは遠慮していただくなど、沢山のルールやマナーがあります。
 これらをしっかりと覚えていただき、ルールやマナーを守って楽しいレジャーを行ってください。

                     詳細はこちら




ヨット安全運航


 無理のない航走計画を立てて、体調管理に努め、気象・海象を十分に把握して、家族やマリーナなどに行き先や航走計画等の情報を伝えて遠から出港しましょう。 また、携帯電話などの連絡手段を確保して、長期航海では定時連絡を欠かさないようにしましょう。  ルールとマナーを守って、ヨットを楽しみましょう。

                     詳細はこちら




ボードセーリング・サーフィン事故防止 


  気象や海象などの情報を把握して、体調管理を十分に行い、ルールとマナーを守って楽しみましょう。

                     詳細はこちら




海水浴・磯遊び・潮干狩り


  気象や海象などの情報を把握して、体調管理を十分に行い、ルールとマナーを守って楽しみましょう。

                     詳細はこちら




ミニボートは危険がいっぱい


  ミニボートとは、免許や船舶検査が不要な船舶で、次のすべての要件を満たす船舶をいいます。
  海のルールやマナーを守って、安全にレジャーを楽しんでください。
   1 船の長さ3m未満
   2 推進機関の出力が1.5kw未満(約2馬力)
   3 直ちにプロペラの回転を停止することができる機構を有する船舶
     その他のプロペラによる人の身体の障害を防止する構造を有する船舶

                     詳細はこちら



最終更新日:2012年2月28日 09:45

 新着情報

マリンレジャーに関連する記事(最新の10件)


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

 海のもしもは118

海のもしもは118 
 

海上保安庁では、海上における事件・事故の緊急通報用電話番号として、局番なしの3桁電話番号 「118」 番の運用を行っています。

次のような場合に通報をお願いします。

・ 船舶衝突や転覆、乗揚げ等
の海難事故
・ 海で人身事故に遭遇、または
目撃した
・ 不審船を発見した
・ 密輸・密航事犯の情報を得た

など

お電話の際は、「いつ」 「どこで」 「なにがあった」 などを簡潔に、落ち着いて通報してください。


 詳しくはこちら

 
安全とマナーのチェックポイント

安全とマナーのチェックポイント
  パンフレット

マリンセーフティガイド
 マリンセーフティガイド
  
  パンフレット・リーフレット

  「トッキュー!!」 (c) 
   原作 小森陽一
   漫画 久保ミツロウ / 講談社

 
   リーフレット

 釣り安全 五管五則
 海図を利用しましょう

(財)日本水路協会 水路協会 
 海図は、文字どおり海の地図。水深や潮の流れ、海底や海中の情報など、陸の地図にはない航海に必要な情報がたくさん載っています。 
 
 マリンレジャー安全推進室

第五管区海上保安本部
 警備救難部 救難課
  マリンレジャー安全推進室
  
  電話 078-391-6551(代)
 

海守
 海上保安友の会
 海洋少年団