文字を標準サイズにする
文字を拡大する

各種パンフレット

第五管区海上保安本部パンフレット
 PDF版

港則法および海上交通安全法の一部を改正する法律等の施行(平成22年7月1日)
日本語   English   Chinese   Korean
 

沿岸域気象・海象情報

  沿岸域気象情報  

 灯台等、沿岸にある施設において観測された風速や天候等の気象・海象について、沿岸域情報提供システム(MICS:ミックス)により局地的な情報をリアルタイムで知ることができます。
 大阪周辺 (大阪)
 神戸周辺 (神戸)
 播磨灘 (姫路)
 友ケ島 (和歌山)
 紀南 (潮岬、桃頭島) (田辺)
 明石海峡 (江崎)、小豆島 (地蔵埼)
 孫埼 (徳島)
 室戸、足摺、土佐沖ノ島 (高知)
 

  海象情報

   観測データに基づいた潮汐・潮流等の海象情報・予報・推算値などを知ることができます。
 大阪湾、播磨灘、和歌山県、徳島県、高知県の各主要港の潮汐計算データを毎時の潮位と潮位グラフで、明石海峡、友ケ島水道、鳴門海峡の潮流推算データ(最強流時刻・流速、転流時刻)を潮汐表形式でそれぞれご覧いただくことができます。
なお、この情報は参考情報であり、
実際の航海には必ず海上保安庁刊行の潮汐表を利用してください。
 
 明石海峡(大阪湾海上交通センター提供)
 海上保安庁所管の全国20箇所の験潮所及び気象庁所管の全国65箇所の験潮所の潮汐情報を取り入れ、全国各所における潮汐をリアルタイムでご覧いただくことができます。
なお、表示されるデータは暫定値であり、観測障害等により異常な値を示す場合もあります。また補正や平滑化処理等を実施した最終データと異なることがありますので、ご了承願います。
 潮汐推算(全国版)
 潮流推算(全国版)
 潮汐実況
 全国主要箇所における過去3日間の潮汐データをご覧いただくことができます。
 急潮情報
 海上保安庁では、黒潮の変動に伴って海岸付近に急潮(速い流れ)の発生する可能性がある場合に急潮情報を発表しています。
日常的には流れの弱い海岸であっても、急潮情報が発表された場合には、マリンレジャー等の実施について十分な注意が必要です。
 
 海の流れと水温の状況
      海水温

      海氷情報センター(第一管区海上保安本部)
冬期、北海道等の海に広がる流氷などの海氷に関する情報を掲載しているホームページです。
 外洋海流実況
 外洋海流予測 

  日出没、月の出没時刻や方位を知る

日出没時刻計算 日出没時刻計算
太陽または月の出没時刻を指定された年月1ヶ月分について計算します。計算には、年月とお知りになりたい部所の経緯度が必要です。

  霧の発生状況を知る

 霧情報(大阪湾海上交通センター)
 霧五戒
 鳴門海峡を航行する場合の注意事項


航行警報等、航路管制・入航・ふくそう状況、工事作業等の情報

 水路通報
 航行警報

 自衛隊・海上保安庁等訓練区域一覧図
 現在有効な訓練情報や工事等

 神戸港(神戸中央航路管制情報)
 高知港(高知水路入出航管制情報) 

 明石海峡 大型船入航情報(大阪湾海上交通センター)
 明石海峡 曳航船入航情報(大阪湾海上交通センター)
 明石海峡 操業漁船情報(大阪湾海上交通センター)
 いかなご漁船操業形態(大阪湾海上交通センター)
 いかなご漁情報(大阪湾海上交通センター)
 いかなご漁について

ライブカメラ

 明石海峡(江埼)
 鳴門海峡(孫埼)


入札情報

 入札情報一覧
第五管区海上保安部における物品購入、役務、売り払い関係、建設工事、測量、調査設計、公募関係、その他の公告など、一切の入札に関する情報を一元的に掲載しています。(担当:経理補給部経理課入札審査係)
 
 経理補給部の業務内容はこちら


許可、届出、通報を要するもの

  港長業務関係

  船舶の出入りの多い港については、その交通の安全と港内の整とんを図るために港則法が適用されます。
なかでも、阪神港をはじめとする大型船舶や外国船が出入港する港については、「特定港」として指定されており、それぞれの港に 「港長」 が指定され、各港を管轄する海上保安部署の長がその職に任命されています。
これら特定港において、工事やイベントを行う場合、船で危険物を運んだり岸壁に係留したりするには、港長の許可が必要となります。
これらについては、港や地域ごとに規定が異なる部分もありますので、詳細は各地域の港長である海上保安部署にお問い合わせください。

許可、届出等が必要なものの概要は次のとおりです。

名称一覧概要
入出港届 港内(港域内)に出入りする総トン数20トン以上の船舶は、港長に入出港届が必要
入出港届省略許可 主として当該港内にて運航または本拠を置いている漁船は、同港内における停泊場所及び1ヶ月の入出港の日時があらかじめ定まっている場合、必要事項を記載した書面を提出することにより、港長から入出港届の許可を得ることができます。
錨地・停泊指定願 港内で、危険物積載船舶が停泊、または停留しようとするときは、港長から停泊等の指定を受ける必要があります。
 
港則法危険物一覧
移動・危険物荷役、運搬許可 港内で、危険物の積込、積替、または荷卸しをするとき及び港内または港の境界付近において危険物を運搬しようとするときは、港長の許可が必要
 
港則法危険物一覧
係留施設使用届 港内の係留施設の管理者は、当該係留施設を船舶の係留の用に供するときは、港長に届けが必要
係留施設使用届省略許可 略
修繕・係船届 港内において雑種船(汽艇、はしけ及び端舟、その他 ろかいのみをもって運転し、又は主として ろかい をもって運転する船舶をいう)以外の船舶を修繕、係船する場合は、港長に届けが必要
私設信号使用許可 港内で私設信号を定めようとする者は、港長の許可が必要
 
私設信号告示及び進路信号告示集
工事許可 港内で工事を行う場合は、港長の許可が必要
作業許可 港内で作業を行う場合は、港長の許可が必要
行事許可 港内で海上パレードやボート競技、水泳大会等のイベントや海上デモなどの行事を行う場合は、港長の許可が必要
進水・入出渠届  港内で、船舶の進水・入出渠を行う場合、港長への届けが必要
竹木材木上荷役・筏運行・係留許可 港内で竹や木材を船舶から水上に卸す場合、いかだを係留し運行する場合は、港長の許可が必要
  

 許認可一覧はこちら
 申請・届出に関する案内と様式一覧はこちら


  水路業務法関係

 海上工事等に係る海上保安庁への通報(海洋情報部)
(水路業務法第19条第1項に基づく通報)  
 港湾の修築や埋め立て、護岸工事など海岸線に変化を及ぼす工事は、船舶の安全運行に多大な影響を与えるほか航海に必要な目標に大きな変化を与えることから、法律により海上保安庁長官への通報が義務づけられています。海上保安庁では、通報された情報を「水路通報」への掲載や「海図」に記載することにより航海の安全に寄与しています。

 航海重要事項の報告について
 航行の安全上重要な事項、例えば、海図に無い浅瀬や水中障害物の存在、木材などの航行に支障となる漂流物、灯台や灯浮標など航路標識の障害(消灯、不存在)等を発見されたときや現在刊行している海図、水路誌等の内容と現状とが異なる箇所を発見されたときは、報告様式により速やかに海上保安庁海洋情報部航海情報課水路通報室または最寄の海上保安官署に連絡してください。
    詳細はこちら    
 
第五管区管内 海上保安部署一覧はこちら

一般船舶向け情報

 海の安全情報
 海難防止のために
 狭水道等における航行方法等について
 AISを活用した進路を知らせるための措置

安全な航海のために
 航行安全指導収録(電子ブック版)   航行安全指導収録(PDF版)
 日本沿岸航行用資料(電子ブック版)   日本沿岸航行用資料(PDF版)
 安全な木材輸送のために(電子ブック版)   安全な木材輸送のために(PDF版)
 ヒヤリハット事例集(電子ブック版)
 日本のVTS(通航ガイド) (PDF版)

港則法および海上交通安全法の一部を改正する法律等の施行(平成22年7月1日)
日本語   English   Chinese   Korean

瀬戸内海安全通航ガイド(六管区掲載資料)
明石海峡エリア・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 日本語   英語   韓国語   中国語
備讃瀬戸エリア・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 日本語   英語   韓国語   中国語
来島海峡エリア・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 日本語   英語   韓国語   中国語
関門海峡エリア・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 日本語   英語   韓国語   中国語
主要航路筋(明石、鳴門から関門まで)・・・・  日本語   英語   韓国語   中国語

 霧五戒

 漁具の敷設状況

 明石海峡付近操業漁船図(大阪湾海上交通センター)
 明石海峡 操業漁船情報(大阪湾海上交通センター)
 いかなご漁船操業形態(大阪湾海上交通センター)
 いかなご漁情報(大阪湾海上交通センター)
 いかなご漁について

 鳴門七則
 鳴門海峡を航行する場合の注意事項

 平均水面、最高水面及び最低水面一覧表

 五管区水路通報

 海図・水路図誌などの入手方法
 インターネット販売・海図のネットショップ(水路協会)
 海図などの販売所一覧(都道府県別販売所リスト、水路協会)
 海図等発行のお知らせ(海図ほか水路図誌の発行予定、最近の発行履歴など)



マリンレジャー情報

  マリンレジャー安全情報(総合ページ)

 自己救命策3つの基本 (自分の命を自分で守る方法) 
 ライフジャケットの常時着用 
 連絡手段の確保 (携帯電話を防水パックに入れて) 
 118番の有効活用 (海のもしもは118番) 

 釣り安全「五管五則」 

 プレジャーボート

 機関や関連機器を手入れしましょう 
 台風から船舶を守るために 

 漁具の敷設状況

 水上オートバイ 
 ミニボートは危険がいっぱい 
 ダイビング
 ボードセーリング・サーフィン
 海水浴・磯遊び・潮干狩り
潮干狩り 潮干狩り情報

離岸流について
  「離岸流」とは、岸から沖に向かう流れのことで、死亡事故の大きな原因となっています。
  流れが速く、突然発生することが多いため、海水浴中は注意が必要です。
  詳しくは、上記リンク先をご覧ください。

日出没時刻計算 日出没時刻計算

 マリーナ・海の駅

 海図・水路図誌などの入手方法
 インターネット販売・海図のネットショップ(水路協会)
 ヨット・モーターボート用参考図(γチャート)
 プレジャーボート・小型船用港湾案内(Sガイド)
 小型船用電子データ
 小型船舶操縦士教習所用海図


漁業者向け情報

 マリンセーフティガイド(漁船編)
 自己救命策3つの基本 


津波・防災情報

   
津波はただの波ではありません。たとえ小さな波のように見えても、とてつもない大きな力を秘めているのです。

強い地震を感じたら、津波警報・注意報を聞いたら、避難の呼びかけがあったら、海岸にいる人は、直ちに海岸から離れ、高台へ避難してください。

津波は、繰り返し何度も襲ってくるので、ラジオやテレビ等で必要な情報を入手し、安全が確保されるまで避難を継続してください。

 
 

海洋環境保全



犯罪被害者等への支援について

 第五管区海上保安本部は、海上で犯罪が発生した場合は、犯罪捜査機関として適切な捜査を行うとともに、被害を受けた方々の保護・支援のための各種取り組みを実施しています。
 犯罪被害者等への支援


携帯電話・iPhone(スマートフォン)対応ページ

 第五管区海上保安本部 携帯電話サイト
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KAN5/m/

1.船舶気象通報
2.航行警報
3.黒潮情報
4.潮流情報
5.潮汐日出没情報
6.リアルタイム潮位情報
7.神戸の水温
8.水温分布図
9.潮干狩り情報
0.五本部からのお知らせ
※.管内事務所・船艇等一覧
#.リンク

携帯電話  QRコード

 明石海峡付近操業漁船図(大阪湾海上交通センター)   
 いかなご漁船操業形態(大阪湾海上交通センター)
QRコード

 マリンレジャー

「命を守る」 自己救命策 3つの基本
 
自己救命策 QRコード 

釣り安全 五管五則 
 QRコード 



テレホンサービス

 テレホンサービス


ラジオ放送

 船舶交通安全情報

こども向け情報

 海を守る 海上保安官のお仕事(Flashページ)

海を守る 海上保安官のお仕事


 海保かみしばい

海をきれいに  うみがめマリンの大冒険

  海をきれいに!(画面の大きなパソコンの方用)
  海をきれいに!(画面の小さなパソコンの方用)

  うみがめマリンの大冒険(画面の大きなパソコンの方用)
  うみがめマリンの大冒険(画面の小さなパソコンの方用)

 キッズコーナー(海上保安庁)
 ペーパークラフト(和歌山) 


ギャラリー

 巡視船艇・航空機写真
  

海の知識


 天文情報あれこれ、暦(こよみ)のあれこれ
 海のものしり情報
 海の知識(日本水路協会)


その他、リンク集

 海上保安協会
 海上保安協会は、「民間」の立場から様々な支援事業を展開し、海上保安庁の活動を側面からバックアップしていただいています。
 うみまるショップ (海上保安庁関連グッズ販売など)

 海上保安友の会
 海上保安友の会は、海を愛する仲間が集い、会員相互や海上保安官との交流を通じ、もっともっと海を好きになろうと、各界の著名な方々を役員に迎えて1988年4月に設立された「海上保安庁サポーター」の集まりです。 

 
 

最終更新日:2017年11月14日 18:10

E

最新情報

海の情報に関連する記事(最新の10件)


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

 海のもしもは118

海のもしもは118 
 

海上保安庁では、海上における事件・事故の緊急通報用電話番号として、局番なしの3桁電話番号 「118」 番の運用を行っています。

次のような場合に通報をお願いします。

・ 船舶衝突や転覆、乗揚げ等
の海難事故
・ 海で人身事故に遭遇、または
目撃した
・ 不審船を発見した
・ 密輸・密航事犯の情報を得た

など

お電話の際は、「いつ」 「どこで」 「なにがあった」 などを簡潔に、落ち着いて通報してください。


 詳しくはこちら
 

E

携帯サイト用QRコード
 第五管区海上保安本部では、携帯電話用サイトでも各種情報をお届けしています。
 http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KAN5/m/
 詳細はこちら

E

 マリンレジャー

マリンレジャーを楽しむために、覚えておいてほしいこと。

「命を守る」 自己救命策 3つの基本
自己救命策
自己救命策QRコード
              携帯用QRコード

 釣り安全 五管五則
釣り安全五管五則
釣り安全五管五則QRコード
             携帯用QRコード

 
マリンレジャー安全情報総合ページはこちら
 

E