鳥羽海上保安部ホームページ
HOME業務紹介主な航路標識>大王埼ディファレンシャルGPS局
主な航路標識
業務概要
管轄区域
庁舎アクセス
所属船艇の紹介
主な航路標識
                  
大王埼灯台
安乗埼灯台
神島灯台
菅島灯台
御座埼灯台
麦埼灯台
鎧埼灯台
鳥羽導灯
瀬木寄瀬東方灯標
伊勢湾第一号灯浮標
方座浦指向灯
大王埼ディファレンシャルGPS局
 ディファレンシャルGPS(DGPS)とは、米国が運用しているGPS(全世界的な測位システム)の信号を正確に位置が分かっている基準局で受信し、GPSで得られた位置と真の位置との誤差を計算して補正値(ディファレンシャル)情報として送信局から発信し、288kHzの電波を使ってGPSの精度が1m以下となるような補正値と、GPS衛星の故障、システムの運用状況等の情報をGPSを利用した測位精度を向上させ、直接ユーザー受信機に提供しています。
大王埼ディファレンシャルGPS局局舎
照射灯に照らされる大王岩(クリックで拡大)
発動発電機
【大王岩照射灯】
 大王埼DGPS局の局舎内には、沿岸を航行する船舶に対して岩礁や暗礁が存在することを知らせるため、大王埼の沖合い約1キロメートルに存在する大王岩を照らす照射灯が設置されています。
【電源のバックアップ装置】
 停電などによって無線局や照射灯の運用に影響しないよう、局舎には無停電電源装置(UPS)及び発動発電機が設置されています。これらにより、短時間の停電や電圧変動のみならず、数日間にわたるような長期間の停電にも対応しています。また、停電などの情報や機器の異常は鳥羽海上保安部及び衛星回線を経由して海上保安庁DGPSセンター(東京)においてリアルタイムで監視されています。
所在地 三重県志摩市大王町
空中線位置 北緯34度16分42秒 東経136度54分03秒
運用開始 平成9年3月27日(1997年)
周波数 288.0kHz
伝送速度・送信出力 伝送速度:200bps 送信出力:75W 
有効範囲 局から200km以内の海上
△ページのトップに戻る