プレジャーボートの安全運航の徹底を!~7・8月に衝突・乗揚事故による負傷者続発~

7・8月は夏休みシーズンであったことに加え、昨年に比べ天候にも恵まれ、マリンレジャー全体の活動が活発になったことが一因となり、プレジャーボートの衝突・乗揚事故が多発し、これに伴う負傷者が多数発生しました。

衝突事故防止のためには、

 ①常時適切な見張りを行う

 ②同乗者も周囲の見張りなど船長の操船に協力する

 ③港内は徐行する 

ことが重要です。

乗揚事故防止のためには、

 ①飲酒運転(操船)は厳禁

 ②眠気を感じたらガムを噛む、外気に当たるなどの眠気防止対策をとる

 ③夜間は特に慎重な操船を行う 

ことが重要です。

リーフレットのダウンロードは こちら