名古屋海上保安部

簡易標識について
 航路標識法(昭和24年法律第99号)の適用を受けない航行する船舶の指標とするための施設であって、次に該当するものを簡易標識といいます。

 イ 灯光の光度(実効光度が光度より小さい場合にあっては、実効光度)が15カンデラ未満かつ、鉛直投影面積が2平
  方メートル未満の簡易な灯台、灯標、灯浮標
 ロ 灯光の光度(実効光度が光度より小さい場合にあっては、実効光度)が15カンデラ未満の簡易な施設灯、橋梁灯
 ハ 鉛直投影面積が2平方メートル未満の簡易な立標、浮標、橋梁標

○設置しようとするときの手続き
 @ 設置目的及び設置場所に応じた「標体の塗色」並びに「灯光の灯色及び光り方」を遵守してください。
 A 灯光を発するものは、消灯時の対応のため、予備品及び定期交換部品を備え置いてください。
 B 海上に設置するものは、流失時の対応のため、標体に「管理者及び連絡先」を明記してください。
 C 事故発生時の復旧体制をあらかじめ整えてください。
 D 設置する前に、位置図及びカタログの写しを添えて「簡易標識設置連絡票(第14号様式)」を当該標識を設置する海
  域を担任する海上保安(監)部(以下「担当海上保安部」という。)へ1部提出してください。
 E 設置情報を漁業協同組合等の海域利用者へ事前周知してください。
 F 設置後、担当海上保安部へ設置日を連絡し、「設置状況の写真」を1部提出してください。
簡易標識設置連絡票(第14号様式) excel pdf
簡易標識廃止連絡票(第15号様式) excel pdf
簡易標識設置・廃止連絡票記入例 pdf
参考資料(航路標識の設置及び管理に関するガイドライン) pdf

海のもしもは118 名古屋海上保安部