伊勢湾、三河湾での「いかなご漁」操業情報提供を開始しました。

伊勢湾・三河湾では、例年3月から5月にかけて、いかなご漁が盛んにおこなわれます。

 

第四管区海上保安本部では、今年のいかなご漁の解禁日にあわせ、盛漁期のいかなご漁船や漁網と貨物船等の接触事故を防止するため操業情報の提供を開始しました。

 

愛知県漁連及び三重県漁連の所属漁船及び伊勢三河湾水先区水先人会、一般船舶等からの情報を基に、名古屋港海上交通センター及び伊勢湾海上交通センターから、当日の出漁・休漁の情報と、操業中の漁船の範囲を無線により航行船舶への周知するとともに、インターネットを利用した提供を行ないます。

 

ホームページを通じて提供する「いかなご漁船操業情報」は、各漁連からの出漁情報、水先人等航行船舶の目視情報、海上交通センターのレーダー映像に加えて、洋上の操業中の漁船の位置・範囲・隻数の情報も加味して作成されており、伊勢湾全域のより正確な操業状況をイラスト化して提供します。

 

伊勢湾を通航する船舶の皆様は、積極的にご利用いただき安全運航にご活用ください。

 

「いかなご操業状況図」はこちらからご覧になれます。

(操業状況に応じて適宜更新されています。ブラウザの更新ボタンを押して最新のデーターに更新してください。)

http://www6.kaiho.mlit.go.jp/isewan/ikanago/ikanago.gif 

 

「伊勢湾海上交通センター」へのリンク

http://www6.kaiho.mlit.go.jp/isewan/ 

 

 

 

「いかなご漁船操業状況図」のサンプルです。

ikanago.jpg