救命胴衣着用体験

~ 「伊勢湾発見ツアー」(8月20日)での船内イベント ~

130822-02ichimai.jpg 

8月20日(火)、公益社団法人 中部海事広報協会が主催した小中学生親子262名をフェリーに招待して伊勢湾内を航海する「伊勢湾発見ツアー」において、船内イベントとして救命胴衣着用体験を実施しました。

 

 

マリンレジャーにおける事故を防止するため、「自己救命策3つの基本」の周知や救命胴衣の着用方法について詳しく説明を行いました。

 

皆、熱心に話しに聞き入り、すごく関心を持ってくれたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

130822-01ichimai.jpg 自己救命策3つの基本とは・・・

  

  1. ライフジャケットの着用…海に落ちても沈まない!
  2. 携帯電話の携行(防水パック使用)…防水パックで海上でも大丈夫!
  3.  118番の有効活用…早く救助を求めるために「海のもしもは!118番」

 

 

海の「もしも」は118番

海上における事件・事故の緊急通報用電話番号で警察の110番や消防の119番のように覚えやすい局番なしの3桁の電話番号です。

 次のような場合に通報して下さい。

  ・海で救助を求めたいとき

    船の事故(衝突、乗りあげ、機関故障など)に遭遇、または目撃した場合

    人の事故(溺れたり、潮に流されるなど)に遭遇、または目撃した場合

  ・海へのゴミ投棄などを発見したとき

 など。