合同安全パトロール実施(8月14日)

~ 海上安全指導員との合同安全パトロール【三重 英虞(あご)湾、 五ヶ所湾】 ~

130815-01ichimai.jpg

 

 8月14日、鳥羽海上保安部及び浜島分室が、三重県南伊勢町等において海上安全指導員と合同で安全パトロールを実施しました。

 

 巡視艇いせかぜと安全パトロール艇2隻により、プレジャーボートに対してライフジャケット(救命胴衣)の着用等を指導し、安全運行を呼びかけました。

 

 連日の猛暑のせいか、予想していたよりも少ないプレジャーボートの数でしたが、海難事故ゼロを目指し、官民一体となってこれからも地道な活動を実施していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

130815-02ichimai.jpg

 

 海上安全指導員・安全パトロール艇とは・・・

 

 安全なマリンレジャーを推進するため、安全航行に関する周知・啓発活動を自主的に実施している一般の方をマリンレジャーのリーダー「海上安全指導員」として海上保安庁が指名し、海上安全指導員が活動する船艇を「安全パトロール艇」として指定しているものです。

 全国で、約1,700名の海上安全指導員、約1,200隻の安全パトロール艇が活躍しています。