ご存知ですか?「海のヒヤリハット」

うみまるとうーみんは伊良湖水道で釣りを楽しんでいます。そこに巨大な船が進んできました。

 

うーみん 「お兄ちゃん、向こうから!巨大な船が来ているけど大丈夫?」

うみまる 「本当だね!『小型船は大型船への思いやりを持って安全運航!』でもあったとおり一回離れて様子を見ようか。」point.gif

 

うーみん 「そうね!・・・って、お兄ちゃん『おもいやり』って何?」

うみまる 「狭い水道では大きい船は避けるのに苦労するから、動きやすい方がよけてあげるのが海のルールなんだよ。」

 

うーみん 「そうなのね。じゃあ、大きい船もスピードを落としたりして小さい船に『思いやり』を持ってあげることも必要ね。」

うみまる 「うん。お互いに『思いやり』を持とう!ところで、うーみんは「海のヒヤリハット」って知らない?」

 

うーみん 「えっ、海のヒヤリハットって何?」

うみまる 「海のヒヤリハットっていうのはさっきみたいな危険だなって思うような状況の事例が第四管区海上保安本部のホームページにたくさん載っていて、覚えていたんだ!!」

 

うーみん 「へー、私も見てみよっと!あっ!大きい船同士が接近した事や海苔網に近づいたときの海のヒヤリハット事例も載っているのね。」

うみまる 「そうだよ!これでどこに危険が潜んでいるかわかるんだ。」

umin_nikkori.gif

 

うーみん 「これは助かるよね!船に乗るみんなが必要な情報だね!」                                     

うみまる 「そうだろ?これで安全に釣りが続けられるぞ~」

 

うーみん 「…ところでお兄ちゃん!魚…釣れてるの?全然竿が動いてないよ?」                                 

うみまる 「え…えっと…今からだよ、い・ま・か・ら」

 

うーみん 「お兄ちゃん!釣れなかったら今日の晩御飯抜きだからね~」

うみまる 「それは勘弁してくれよ~~~・・・・(泣)」

 

1つの重大事故の背後には29の軽微な事故があり、その背景には300のヒヤリハットが存在するというハインリッヒの法則を参考に、第四管区海上保安本部では「海のヒヤリハット・事故が伝えるメッセージ」と題した、ヒヤリハット事例・事故情報から注意すべきポイントまでをまとめた情報掲載を開始しました。詳しくは以下のページをご覧ください。

 

「海のヒヤリハット」掲載ページ    

http://www.kaiho.mlit.go.jp/04kanku/safety/example/

「事故が伝えるメッセージ(船の事故)」掲載ページ 

http://www.kaiho.mlit.go.jp/04kanku/safety/boat/ 

「事故が伝えるメッセージ(人の事故)」掲載ページ

http://www.kaiho.mlit.go.jp/04kanku/safety/human/ 

 

 海のヒヤリハット事例一例

20130218-hiyari-2.jpgのサムネイル画像 20130218-hiyari-3.jpg