横須賀海上保安部バナー

 ホーム
・ お知らせと ニュース
・ MICS沿岸情報提供システム
・ 職場の紹介
スペーサ┗━ 組織図
スペーサ┗━ 業務概要
スペーサ┗━ 管轄・担任水域
スペーサ┗━ 所属船艇
スペーサ┗━ 2011年のニュース
スペーサ┗━ 2010年のニュース
・ ア クセス マップ
・ 携帯サイトURL
  http://www6.kaiho.mlit.go.jp/yokosuka/m/
・ テレフォンサービス
  TEL 046-860-0177
スペース
<<モバイルサイトQRコード>>
 
海保ジャーナルのページへのリンクバナー  
救命胴衣着用推進活動バナー
スペース
マリンレジャー安全情報バナー
スペース
海上保安資料館
スペース
海上保安協会バナー
スペース
海上保安友の会バナー
スペース
海守バナー
スペース
海上保安庁バナー
  
Counter


スペース
 2012.Feb.14 就役から35年巡視艇はたぐもの解役式が挙行されました
  
 就役から約36年の永きにわたり東京湾内の安 全確保パトロールを主任務とし多くの海難救助などに携わってきた当部所属「巡視艇はたぐも」がこの日をもって解役となりました。
 この日行われた解役式では、小林正幸横須賀海上保安部長の式辞が読み上げられた後、国旗庁旗降下から献酒までが滞りなく終了しました。
 この日の午後には、船名が抹消された「はたぐも」は解体先まで曳航され横須賀保安部を後にしました。

<<写真は最下段に掲載しています>>
●解役式次第
  • 開式
  • 式辞(部長挨拶)
  • 船長挨拶
  • 国旗庁旗降下−国旗庁旗返還
  • 献酒
  • 船名抹消
  • 閉会
●はたぐもの要目等
  • 船名    巡視艇はたぐも(PC75)
  • 総トン数  65トン
  • 全長    26.0メートル
  • 幅     6.3メートル
  • 深さ    3メートル
  • 速力    24ノット
  • 船齢    35年11ヶ月(昭和51年2月21日就役)
  • 船長    板垣 巌(いたがき いわお)
●船名の由来
 警備救難業務に加え、陛下の御召艇任務を兼務していた、先代「はたぐも」から受け継がれたものである。この先代「はたぐも」が就役する際、時の海上保安 庁長官 島居 辰二郎 氏(しますえ たつじろう)が、万葉集に出てくる言葉、「豊旗雲(とよはたぐも)」から命名したものです。
※豊旗雲とは、旗がなびいているように空にかかる美しい雲のことを意味します。

●巡視艇はたぐもの主な任務
 浦賀水道航路等の航路哨戒業務を主任務とし、海難救助、海事関係法令の取締りなど幅広い業務に従事してきました。

●巡視艇はたぐものこれまでの功績
  • 救助出動  530回
  • 救助隻数  62隻
  • 救助人員  135名
  • 検挙件数  1208件
  • 航海距離  288,102海里(533,565キロ、地球約13周分)
●巡視艇はたぐもがこれまで対応した主な業務
  • 昭和61年7月潜水艦「なだしお」遊漁船「第一富士丸」衝突事件捜査
  • 平成22年6月、アメリカ海軍原子力空母「ジョージ・ワシントン」横須賀入港に係る警備実施
  • 平成22年11月、2010年日本APEC首脳会議に係る警備実施
  • 平成23年10月、天皇陛下葉山御用邸ご滞在の際の警衛
●巡視艇はたぐもの代替船について
 新はたぐもが3月配属予定です。
 
解役式1
小林部長の式辞
解役式2

解役式3
板垣船長が小林部長に対し最後の挨拶
解役式4
かつて「巡視船はたぐも」に乗船した経験のあるOBの方々が列席
国旗庁旗降下
国旗庁旗降下:乗組員の手で国旗と庁旗が下ろされました。
国旗庁旗返還
国旗庁旗返還:板垣船長の手で国旗と庁旗が小林部長に返還されました。
解役式献酒
献酒:船尾と船首に御神酒がそそがれました。
船名抹消
船名抹消:白色塗料で船名が塗り消されます。
抹消
塗り消されました。
職員にて記念撮影
職員が最後の別れを惜しみ記念撮影
OB記念撮影
OBの方々とも記念撮影
回航準備
この後は、悲しい事に解体されるため回航準備をしました。
回航用押船
海保マークが消された状態で、後ろのボートに曳かれていきます。
帽フレー
基地を後に曳かれゆく「はたぐも」に最後の帽振れ(ぼうふれ)が行われました。
 
※「帽振れ」とは、艦艇の出航時(長期航海時)をはじめ、退官、転勤などで、基地や港を去って行く者などに対する礼式の一つです。
 「帽振れー」の号令によって右手で制帽の鍔を持って脱帽し頭上で、基本は時計回りに3回、肘を曲げずに腕をゆっくりと、かつ円滑に回します。(帽子を振る)
 これに対し、受礼者が同じように答礼(とうれい)を終えると、「帽ー元へ」の号令又は巡視船艇の場合、汽笛の長音1回を鳴らすことによって速やかに帽子を着用します。  






当サイトに掲載しているPDFファ イルの閲覧には、 Acrobat Reader が必要です。
スペース
Acrobat Reader Icon
スペース
横須賀海上保 安部
〒237-0071 神奈川県横須賀市田浦港町無番地 横須賀港湾合同庁舎 2〜3F
管理課 TEL 046-861-8366 警備救難課 TEL 046-862-0118 交通課 TEL 046-861-8374

Copyright(c) Yokosuka Coast Guard Office all right reserved.