写真集 / 小笠原海上保安署

■ 監視取締艇『さざんくろす』

写真をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。

(1)疾走する『さざんくろす』

疾走するさざんくろす 平成14年3月に配備された当時の写真です。


(2)おがさわら丸出港警戒にあたる『さざんくろす』その1

出港警戒中のさざんくろす1 定期船おがさわら丸の出港する際に『さざんくろす』により海上警戒を実施しています。
 この写真は小笠原警察署との合同警戒時の写真です。


(3)おがさわら丸出港警戒にあたる『さざんくろす』その2

出港警戒中のさざんくろす2 定期船「おがさわら丸」出港する際に『さざんくろす』により海上警戒を実施しています。
 この写真は「おがさわら丸」から撮影した写真です。


(4)『さざんくろす』による体験航海

体験航海 毎年夏の恒例イベント、NPO法人「BIO」から依頼により『さざんくろす』による体験航海を実施しています。


(5)巡視船体験航海中の『さざんくろす』による海上警戒

体験航海中の海上警戒 大型巡視船による体験航海中に『さざんくろす』により海上警戒を実施しています。
 これは平成20年夏に巡視船「やしま」による体験航海中の写真です。


(6)サーフィン大会海上警戒中の『さざんくろす』

サーフィン大会 


(7)大臣海上視察中に『さざんくろす』による海上警戒

大臣海上視察中 

■ 父島&母島にある航路標識

写真をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。

(1)二見港丸山灯台 (ふたみこう まるやま とうだい)/二見港丸山指向灯 (ふたみこう まるやま しこうとう)

丸山灯台・二見港丸山灯台(上部)
 光の色:白光、光り方:毎4秒に1閃光
 2009年12月にLED化され光度がアップされました。
・二見港丸山指向灯(下部)
 指向灯とは幅を持って三色の光を出しており、船から見て真ん中の安全なコースを白光で示し、コースから右側にそれると赤光、左側にそれると緑光が見えるようになっています。


(2)二見港防波堤灯台 (ふたみこう ぼうはてい とうだい)

二見港防波堤灯台 
 光の色:緑光
 光り方:明6秒暗2秒
 ※島民には通称「青灯台」で親しまれています。
 2009年12月にLED化され見やすくなりました。


(3)二見港東防波堤灯台 (ふたみこう ひがしぼうはてい とうだい)

二見港東波堤灯台 
 光の色:赤光
 光り方:毎6秒に2閃光
 二見漁港の入り口の右舷標識(右側に見て入港する)です。


(4)二見港第三号灯浮標 (ふたみこう だいさんごう とうふひょう)

二見港第三号灯浮標 
 光の色:緑光
 光り方:毎4秒に1閃光
 二見港湾の左舷標識(左側に見て入港する)です。
 夜に奥村・清瀬方面から大村トンネルを通る際に緑色の閃光が良く見えます。


(5)二見港第二号浮標 (ふたみこう だいにごう ふひょう)

二見港第二号浮標 
 灯りは無く、昼のみの航路標識です。
 二見港湾の右舷標識です。


(6)沖港指向灯 (おきこう しこうとう)

沖港指向灯 
 母島沖港に入港する際、左右の浅瀬に乗り上げないように船を誘導する標識です。
 光の色は二見港丸山指向灯と同じです。


(7)沖港外西防波堤灯台 (おきこう そとにしぼうはてい とうだい)

沖港外西防波堤灯台 
 光の色:緑光
 光り方:毎3秒に1閃光
 母島沖港の外西防波堤の先端にある左舷標識です。
 2009年12月にLED化され光度がアップしました。


(8)沖港鮫ヶ埼沖灯浮標 (おきこう さめがさきおき とうふひょう)

沖港鮫ヶ埼沖灯浮標 
 光の色:緑光
 光り方:毎8秒にモールス符号のB(ー ・・・)
 母島沖港の入り口を示し、入港する際の左舷標識です。

■ 小笠原の風景色々・・・

写真をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。

(1)父島二見港に入港するおがさわら丸    (Photo by Takasaki)

入港おが丸


(2)着岸中のおがさわら丸とははじま丸     (Photo by Funamizu)

おが丸はは丸


(3)出港するおがさわら丸を見送る観光船たち    (Photo by Funamizu)

出港おが丸


(4)南島    (Photo by Kakuta)

南島


(5)南島からハートロックを望む     (Photo by Kakuta)

南島からハートロック


(6)上空からの南島     (Photo by Helicopter of Yashima)

上空からの南島


(7)上空からの父島二見港     (Photo by Helicopter of Yashima)

上空からの二見港


(8)二見湾の夕日     (Photo by Murakami)

二見湾の夕日