1.信号所及び信号の意味

2.通航の方法  図で見る横浜航路航法

3.港長に対する航行予定時刻等の通報

鶴見、川崎航路、京浜運河へ 


1.信号所及び信号の意味

  • 信号所は、本牧D突堤にある本牧信号所、大黒町にある大黒信号所、海岸通りの第二合同庁舎屋上にある内港信号所の三信号所から成り、これを本牧信号所(横浜港内交通管制室)で集中管理する仕組みになっています。(図参照)
       
  • 横浜航路は長さ約4,500m、幅約650m(最狭部約400m)であり、外防波堤北灯台と南灯台を結ぶ線(ベイブリッジ付近)で横浜航路を二分し、外防波堤より港内側を西水路(長さ約1,800m)、港外側を東水路(長さ約2,700m)として航行管制を行っています。
    西水路は、内港及び大黒信号所の信号により、東水路は本牧信号所の信号によりそれぞれ航行管制を行っていますので、西水路を入出航する船舶は内港及び大黒信号所の信号に従い、東水路に入出航する船舶は本牧信号所の信号に従って航行しなければなりません。


 本牧信号所
  75度、160度、270度及び345度に面する4面の信号板
 大黒信号所
  17度、191度及び271度に面する3面の信号板
 内港信号所
  25度、85度及び325度に面する3面の信号板

  • 信号は各信号所の電光文字式信号板により「I]、「O]、「F]、「X]のアルファベット文字で行っており、信号の種類及び意味は両水路共通で次表のとおりです。
信 号 記号 信号の略称

意   味

「I」の文字の点滅 I’ 入航信号 ・入航船は入航可
・全長50m(総トン数500トン未満の船舶は除く)以上の船舶は出航禁止
「O」の文字の点滅 O’ 出航信号 ・出航船は出航可
・全長50m(総トン数500トン未満の船舶は除く)以上の船舶は入航禁止
「F」の文字の点滅 F’ 自由信号 ・全長160m(油送船は総トン数1,000トン)以上の船舶は入出航禁止
・上記以外の船舶は入出航自由
「X」の文字の点灯 X 禁止信号 ・港長の指示船以外入出航禁止
「X」の文字と次に
切かわる信号の
交互点滅
X’ I’
X’ O’
X’ F’
切換予告
信  号
・航路内航行船は航行可
・航路外にある全長50m(総トン数500トン未満の船舶は除く)以上の船舶は航路内航行船舶の進路をさけて航路外で待機
・間もなく「I’」(又は「O’」、「F’」)にかわる
「X」の文字の点滅 X’ ・航路内航行船は航行可
・航路外にある全船舶は航路内航行船の進路を避けて航路外で待機
・間もなく「X」にかわる

このページのトップへ

 

2.通航の方法

  • 横浜航路における航法は信号により次のようになります。
    イ.全長160m以上の船舶、又は総トン数1,000トン以上の油送船(以下「管制船」という)の入出航がないときは、「自由信号(F’)」とし、管制船以外は自由に入出航できます。
    ロ.管制船が入航するときは、「入航信号(I’)」とし、全長50m(総トン数500トン未満の船舶は除く)以上の船舶は出航できません。
    ハ.管制船が出航するときは、「出航信号(O’)」とし、全長50m(総トン数500トン未満の船舶は除く)以上の船舶は入航できません。
    ニ.港長が必要と認めるときは、「禁止信号(X’)」とし、港長の指示船以外は入出航することができません。
    ホ.航路横切り船は原則として管制の対象となりません。従って「I’」,「O’」及び「F’」のときは航路内航行船優先の原則に反しない限り信号にかかわりなく横切ることができますが、極力「自由信号(F’)」の間に横切ることとしてください。

〔注〕ここで言う油送船とは

 原油、液化石油ガス、若しくは引火点が摂氏23度未満の液体を積載しているもの、又は引火性若しくは爆発性の蒸気を発生する物質を荷卸し後、ガス検定を行い、火災若しくは爆発のおそれのないことを船長が確認していないものをいいます。

  • これらの信号による管制のほか、港則法の航路及びその附近における航法(航路内右側航行、追越禁止、雑種船小型船の避航義務等)を遵守して下さい。

図での説明はこちらをクリックしてください。

このページのトップへ

 

3.港長に対する航行予定時刻等の通報

 港則法第36条の3第2項に基づき、全長160m(油送船にあっては総トン数1,000トン)以上の船舶は、横浜航路を航行して入航しようとするときは航路入口付近に到達する時刻を、航路を航行して出航しようとするときは運行開始予定時刻を、それぞれ入航予定日又は運行開始予定日の前日正午までに港長に通報することが定められています。
 横浜港内交通管制室では、安全で効率的な航行管制を行うため、この事前通報をもとに管制計画を作成していますので、通報事項に変更があった場合もその都度速やかに通報して下さい。

〔通報先〕

横浜管制室
電話 045-621-5957
FAX 045-623-5045
VHF 呼出名称 「よこはまこうないほあん」
呼出応答用 F3E 156.8MHz(ch16)
通信用 F3E 156.6MHz(ch12)

このページのトップへ

鶴見、川崎航路、京浜運河へ