このサイトのメインメニュー

三管区コーナーカテゴリメニュー

ホームから現在のページまでの階層

ホーム >  三管区コーナー >  業務紹介 >  生命を救う

生命を救う

海難救助

訓練の様子

海難などの発生に備え、24時間の当直体制をとるとともに、巡視船艇や航空機により、常に即応体制を整えています。
海難が発生した場合には、そのときの状況に応じて、近隣の警察・消防などの関係機関とともに、連携・協力しながら、迅速・的確な海難救助を実施するよう努めています。
特に、浸水や転覆、火災など緊急を要し、かつ高度な救助技術を必要とする海難や、高度な応急処置を要する傷病者に対しては、特殊救難隊や救難強化型巡視船などを派遣して、人命の早期救助にあたっています。

マリンレジャーの安全推進

救助の様子

マリンレジャーの普及に伴い、マリンレジャーの事故は後を絶たない状況にあります。これらの事故の原因は、初歩的な知識・技能の不足や、気象・海象の不注意などの人為的なものが大半を占めています。そこで、現場における安全指導に加えて、全国各地で海難防止講習会などを開催し、マリンレジャー愛好者を含む国民一般の方々を対象に海難防止思想の普及・高揚を図っています。
このように海上保安庁では、広く一般の方々が海で遊び、海と親しみつつ、海から安全を学ぶ環境づくりを応援しています。

業務紹介カテゴリメニュー

関連ページ・サイトへのリンク

アクセスカウンタ

アクセスカウンタ
カウンタリセット(2008年2月13日)