ヘッドランド周辺でなぜ、離岸流が発生しやすいか

 

ヘッドランド周辺でなぜ、離岸流が発生しやすいかについてですが、確たる論証は未だ確定していませんが、一般の海岸で発生する離岸流は、沖から海岸に向かう波や風により、海水が岸にどんどん打ち寄せられ、この打ち寄せられた海水が沖に戻ろうとします。

これが離岸流の発生する原理ですが、この際、海岸にヘッドランドの様な突起物があると、打ち寄せられた海水の圧力がヘッドランド周辺に集中し、その圧力がヘッドランドの岸から沖へ沿うように、海水が流れ易くなるためとも言われています。

実際、ヘッドランド周辺での離岸流による事故は、一般の海岸に比べ約6倍に及ぶとの指摘もあります。

 

※各説明ページへのリンク

ヘッドランドとは

ヘッドランドの形と大きさ

ヘッドランド周辺では、なぜ離岸流が発生しやすいか

ヘッドランドの魔性性

 

戻る