ヘッドランドとは

 

ヘッドランドとは、海岸の砂の流出を防ぐために建設される人工岬のことです。

近年、河川から供給される土砂が減少したことや、海岸にできた構造物により砂の移動が妨げられた結果、砂浜の侵食が深刻化しました。

このため、砂の侵食を防ぐ目的で、昭和60年度から平成20年度にかけ、大洗町から神栖市までの海岸に33基のヘッドランド(パラソール型のみ。他に防波堤型が1基あります)が作られました。

 

 

※各説明ページへのリンク

ヘッドランドとは

ヘッドランドの形と大きさ

ヘッドランド周辺では、なぜ離岸流が発生しやすいか

ヘッドランドの魔性性

 

戻る