第二管区海上保安本部 仙台航空基地

航空機の紹介

仙台航空基地所属機の紹介

 海上保安庁は大きく分けると飛行機とヘリコプターと2種類の航空機を保有しています。
それぞれの用途に応じて、大小さまざまな航空機を保有しています。

 その中でも仙台航空基地には、飛行機としてボンバルディア社のDHC-8-315型及びビーチクラフト社のB350型が各1機、ヘリコプターとしてアグスタウェストランド社のAW139型2機、ベルヘリコプター社の206B型3機の合計5機のヘリコプターが所属しています。
また第二管区海上保安部管内の航空機は、このほかに巡視船ざおう搭載機(ベル式212型ヘリコプターがあります。

海上保安庁航空機の愛称について

人には名前がありますが航空機には、それに相当するものがありません。
 個々の機体を識別するという目的であれば、JA968Aのように登録番号で呼ぶことになります。
この番号では馴染み辛いことから、平成13年より愛称を併用するようになりました。
 この愛称はこれまで一般公募により名づけられています。ぜひ皆さんも機会があれば名付け親になってください。

Sマーク

機体の塗装について

 ご存知の方もいらっしゃるかも知れませんが、海上保安庁の航空機の色は黄色地に青でした。
現在は、白地に青ラインになっています。この青ラインの中に紺色の記号の部分がありますが、気がつかれましたか?
この部分はアルファベットの「S」を表していて、次の意味がこめられています。
「Speed  Smart Smile  Service Safety Search and rescue  Survuy」