1月18日は「118番の日」〜周知活動
 海上保安庁では、海上における事件・事故の緊急通報用番号として、平成12年5月1日から「118番」を運用しておりますが、「118番」の認知度は未だ十分とはいえない状況であることから、昨年から毎年1月18日を「118番の日」と制定し、「118番」の重要性をより多くの方々に理解していただき、海の安全確保に資するための周知活動を強化しているところです。
 酒田海上保安部では、「118番」を広く県民に周知するとともに、併せて海上保安庁の業務及び大震災における当庁の活動模様を展示し、県民に当庁業務の理解をより一層深めていただくことを目的として次の活動を実施いたします。


【実施内容】

1 海上保安庁パネル展示
(1) 展示機関 24年1月13日(金)〜23日(月)
(2) 展示場所
  @ 村山地域・・・・ イオンモール山形南
  A 最上地域・・・・ 最上広域交流センターゆめりあ、新庄市市民プラザ
  B 庄内地域・・・・ イオンモール三川 2Fフロア
(3)展示内容: 118番ポスター、業務紹介・学生募集・大震災での当庁活動の各パネル・酒          田海保の1年(2011)など
  ※ 展示場所の都合により展示物に違いがあります。

2 その他
  酒田市役所、酒田市立図書館、JR酒田駅、庄内空港、県内各道の駅、県内漁業協同組  合各支所、マリーナ、釣具店などに対し、周知用ポスターやリーフレットを配布しています。