鶴岡市救難本部海難救助訓練

 平成23年9月17日、鶴岡市鼠ヶ関港において海難救助訓練が実施されました。この訓練は、鶴岡市救難本部が主催し、日頃、地域の海難救助活動に貢献している漁業者により構成された加茂、由良、豊浦、温海、鼠ヶ関の各救難所の救助員を対象に救難技術の向上と士気高揚を図る目的で行われたものです。開会式の後、ゴムボート操法、もやい銃操法や心肺蘇生法などの基本訓練に引き続き、時化のため鼠ヶ関港に入港してきた漁船が、突風と磯波にあおられ遭難したとの想定のもとに総合救助訓練が行われ、酒田海上保安部と鶴岡市消防本部が訓練指導にあたりました。