入賞作品

浅川町立浅川中学校3年生 水野愛美

いわき市立渡辺小学校6年生 篠原 加也子

2014

 福島の海に関係する私たちは地域社会の一員として福島の海のイメージアップを図るため「よみがえる福島の海」と題する図画コンクールを実施しました。また津波被害のあった地域の子供達を励ますため沿岸域を中心に作品を募集し沢山のご応募を頂きました。
 入賞者の皆様には、平成26年12月7日(日)いわき・ら・ら・ミュウにおいて表彰式を行いました。ここに入賞作品をご紹介します。
 (多数のご応募ありがとうございました)



【第15 回未来に残そう青い海・海上保安庁図画コンクール】

【小学生高学年の部】
南相馬市立原町第一中学校3年生 橋本 陽美

【灯台絵画コンテスト2014「灯台のある風景」】

【中学生の部】
【中学生の部】
【中学生の部】
いわき市立泉中学校3年生 宮内 美咲子

【よみがえる福島の海 図画コンクール2014】

いわき市立大野第一小学校2年生 富岡 美桜
【小学生低学年の部】
【中学生の部】
【小学生高学年の部】

福島海上保安部長賞

海上保安協会福島県支部長賞

福島県水産試験場長賞

新地町立駒ケ嶺小学校4年生 大迫 春輝
いわき市立植田中学校1年生 澤田 瑞葵
【小学生低学年の部】
【小学生高学年の部】
【中学生の部】
いわき市立植田小学校3年生 小田 莉夏子
いわき市立勿来小学校5年生 園部 龍一
浅川町立浅川中学校2年生 金澤 紗華
【小学生低学年の部】
いわき市立小名浜第二小学校1年生 馬蜂 雅紀
【小学生高学年の部】
【中学生の部】
いわき市立夏井小学校5年生 坂本 優真
いわき市立錦中学校2年生 堀田 幸恵

ふくしま海洋科学館長賞

いわき市立菊田小学校2年生 市川 悠斗
いわき市小名浜東小学校4年生 石橋 冬羽
いわき市立植田中学校1年生 上遠野 大翔

福島県漁業協同組合連合会長賞

相馬双葉漁業協同組合長賞

いわき市漁業協同組合長賞

【中学生の部】
【小学生高学年の部】
【小学生低学年の部】
いわき市立大浦小学校2年生 佐藤 綾音
いわき市立大浦小学校4年生 渡邉 光季
いわき市立植田中学校1年生 坂本 旭
【中学生の部】
【小学生高学年の部】
【小学生低学年の部】
南相馬市立小高小学校3年生 原 星麗奈
相馬市立日立木小学校4年生 齋藤 翔天
相馬市立磯部中学校2年生 鎌田 桃果
【中学生の部】
【小学生高学年の部】
【小学生低学年の部】
いわき市立豊間小学校1年生 大平 望果
いわき市立植田小学校6年生 海老澤 怜旺奈
いわき市立植田中学校1年生 石川 真衣
【中学生の部】
【小学生高学年の部】
【小学生低学年の部】

いわき観光まちづくりビューロー会長賞

燈光会塩屋埼支所長賞

【中学生の部】
【小学生高学年の部】
【小学生低学年の部】
いわき市立久之浜第一小学校2年生 渡辺 悠太
いわき市立勿来第二小学校5年生 沼田 渉
いわき市立植田中学校1年生 千葉 葵紫
【中学生の部】
【小学生高学年の部】
【小学生低学年の部】
いわき市立豊間小学校3年生 大平 爽世花
いわき市立夏井小学校6年生 箱崎 嬉
いわき市立豊間中学校3年生 山岸 航平
◎作者からのメッセージ
 海に落ちている貝殻には、海で楽しく遊ぶ人の思いが詰まっていることを表しています。  
◎作者からのメッセージ
 震災前の船の行き交う活発な海をイメージしました。  
◎作者からのメッセージ
 美しい海を取り戻して漁をすることの願いを込めて。 
◎作者からのメッセージ
 朝焼けの海と塩屋埼灯台をイメージしました。朝日は希望という意味を込めています。
  
◎作者からのメッセージ
 震災後、初めての海。地元四倉海水浴場で泳いだ海を描きました。
 この広い海にもっともっとたくさんの人たちが戻ってくることを願っています。  
◎作者からのメッセージ
 南相馬の海辺。
◎作者からのメッセージ
 福島県は、東日本大震災でたいへんな被害があり普段の当たりまえの生活もままならない状態でした。でも色々な方の助けによってここまで来れたので早く復興してきれいな海でみんな楽しく遊べるようにという思いをこめ描きました。
◎作者からのメッセージ
 海で魚たちがにぎやかに泳いでいるところを描きました。
◎作者からのメッセージ
 いろいろな生き物が元気に気持ちよさそうにしている姿をイメージしました。

◎作者からのメッセージ
 親と子供の大切な思い出であるこの海を未来に残していきたいという思いを表してみました。

◎作者からのメッセージ
 きれいな海でいろいろな魚たちと一緒に泳いでいる姿をイメージました。
◎作者からのメッセージ
 楽しい海をイメージして描きました。

◎作者からのメッセージ
 海面からの光の入り方や波の色を工夫しました。

◎作者からのメッセージ
 たくさんの魚たちが楽しく泳いでいる海になってほしい。

◎作者からのメッセージ
 いわきの海をみんなに知ってもらいたいです。


◎作者からのメッセージ
 人と魚が福島の海で楽しく泳いでいることを想像して描きました。


◎作者からのメッセージ
 くじらが泳いだり魚が一杯とれる海になってほしい。


◎作者からのメッセージ
 松川浦で漁をする船と大橋をイメージしました。


◎作者からのメッセージ
 たくさん漁船が海の上を走る感じをイメージして描きました。

◎作者からのメッセージ
 津波で流されてしまったお父さんの船「太登丸」がまた見たいです。

◎作者からのメッセージ
 私はいわきの海が好きだ。元気な魚たちも。


◎作者からのメッセージ
 福島の海が、たくさんの海の生き物でもっと楽しく豊かになるようにと願いをこめて、この絵を描きました。
◎作者からのメッセージ
 小名浜の海でたくさんのお魚と遊んでみたい。

◎作者からのメッセージ
 元気になったよ、いわきの海。


◎作者からのメッセージ
 福島の海にいる魚達が、のびのびときれいな海で泳いでいるところを描きました。

◎作者からのメッセージ
 みんなでスイカ割りや魚釣りをしているところを描きました。


◎作者からのメッセージ
 みんなが海で遊ぶ様子を描きました。


◎作者からのメッセージ
 いわきの海が人々でにぎわって楽しんでいる様子を願って描きました。

◎作者からのメッセージ
 大好きな灯台が、いつまでもきれいに光って私たちを見守ってほしいなと思いながら描きました。

◎作者からのメッセージ
 普通の灯台を描いても楽しくないので、海の中にある灯台をテーマに描きました。
◎作者からのメッセージ
 いわき市で有名な塩屋埼灯台。いつも美しいふるさとの海を照らしています。これからもずっと照らし続けてほしいです。


■ 第14回「未来に残そう青い海」図画コンクール入賞作品


■ 灯台絵画コンテスト「灯台のある風景」過去入賞作品

「よみがえる福島の海」への応援メッセージをお願いします。

よみがえる福島の海 図画コンクール