福島海上保安部 Fukushima Coast Guard Office

  福島海上保安部は、昭和23年5月 小名浜海上保安署として発足、昭和25年6月に小名浜海上保安部に昇格し平成16年4月1日から名称も福島海上保安部に変わり、福島県沿岸全域の安全を守っています。
  福島海上保安部の担任水域は、北は新地町から南はいわき市勿来に至る福島県浜通り全域に接する海域です。また、管轄区域は、福島県全域で、重要港湾の小名浜港及び相馬港をはじめ、地方港湾は3港、漁港は11港のほか、4つの臨海発電所の専用港があるのが特色です。

  海上交通については、小名浜港及び相馬港への出入港、関東方面と東北・北海道を結ぶ交通の要衝となっており、水産は黒潮と親潮が出会う豊かな漁場に恵まれ、また、サーフィンや海水浴などマリンレジャーも盛んで県外からも多数訪れる場所でもあります。 
 
 組織・沿革
 巡視船艇・灯台の紹介



◆ 組織・沿革
 組 織



新港湾合同庁舎イメージ図
総務係
管理課
渉外係
 
 
警備係
部 長 次 長 警備救難課
救難係
 
 
航行管理官
交通課
安全係
巡視船あぶくま
巡視船なつい
巡視艇てるかぜ


〒971-8101 いわき市小名浜辰巳町11 小名浜港湾合同庁舎
電話:管 理 課  0246-53-7112  警備救難課 0246-53-7111  交 通 課  0246-54-3450
FAX:0246-53-7113


  福島海上保安部案内図

 沿 革
昭和23年5月 1日 小名浜海上保安署として発足
昭和25年6月 1日 小名浜海上保安部に昇格
昭和46年3月26日 港湾合同庁舎に移転
平成15年4月 1日 福島航路標識事務所を統合
平成16年4月 1日 福島海上保安部に名称変更
平成23年3月11日 東日本大震災により港湾合同庁舎1階水没
平成24年7月 6日 港湾合同庁舎1階等復旧完成
平成27年1月20日 新港湾合同庁舎に移転

 管轄区域・担任水域



◆ 巡視船艇・灯台の紹介
巡視船あぶくま PM31(350トン型・高機能)
全  長  56メートル
総トン数    335トン
PM: Patrol Middleの頭文字で、350〜500トン型の巡視船に付与されています。
 平成22年3月8日、旧あぶくまの代替船として、高速高機能タイプPM型巡視船「あぶくま」が配属されました。
 船名は福島県から宮城県を経て太平洋に注ぐ「阿武隈川」に由来します。
巡視船なつい PM40(350トン型・高機能)
全  長  56メートル
総トン数    335トン
PM: Patrol Middleの頭文字で、350〜500トン型の巡視船に付与されています。
 平成25年6月27日、旧なついの代替船として、高速高機能タイプPM型巡視船「なつい」が配属されました。
 船名は福島県いわき市を流れる「夏井川」に由来し、命名されました。
巡視艇てるかぜ CL58(20メートル型)
全  長  20メートル
総トン数     26トン
CL: Craft Largeの頭文字で、20メートル以下の巡視艇に付与されています。
 「てるかぜ」は小名浜港沖にある「照島(てるしま)」と「風」に由来し、命名されました。




塩屋埼灯台(しおやさき)
所在地     福島県いわき市
地上高     27.32メートル
海面高     76.72メートル
光  度      440,000カンデラ
光達距離    22.0海里(約40.7キロメートル)
初点灯     明治32年12月15日
 塩屋埼近海は、昔から航海の難所と云われ、そのため遭難船が数多くあったことから、明治32年12月15日初代塩屋埼灯台が誕生しました。
 西洋の技術を取り入れ建設されたこの灯台は、円形で・煉瓦造・高さ35.3メートルの高塔で(煉瓦造灯台としては歴代1位の高さ)、黒白横縞に塗られ、レンズはフランスから輸入された1等レンズで、灯油を燃やして23海里(42.6キロメートル)の遠方まで照らしました。(白黒写真は初代の塩屋埼灯台で、無線電信施設建設(昭和5年頃)以降撮影の写真)
 参考図(PDFJPEG)
 昭和13年11月5日、福島県東方沖を震源とする地震のため、レンズは大破し灯塔にも多数の亀裂が生じたことから、安全策をとり爆薬により取り壊されました。
 昭和15年3月30日に震災復旧工事が完了し、3等レンズに電球を使用した鉄筋コンクリート造の2代目塩屋埼灯台が完成しましたが、太平洋戦争に巻き込まれ、昭和20年6月5日爆撃機の機銃掃射により霧笛信号等破損、同年8月10日空母艦載機の攻撃を受けレンズ等大破、21才の若い灯台職員1名が殉職を遂げました。終戦の僅か5日前の事でした。
 それから、江名港在籍の漁船船長会から早期復旧の要望があり、同会の資材費用負担により、2年繰り上げの昭和22年5月5日完全に復旧しました。
 平成23年3月11日に発生した東日本大震災で、塩屋埼灯台は灯ろうハリ板(ガラス)部全損、レンズ回転機構部損傷及び灯塔に亀裂が発生する被害受けました。また、敷地のり面や通路等も甚大な被害を受けました。
 灯台の灯火は平成23年11月30日に応急復旧し、灯台の機能は回復しましたが、敷地のり面や通路等については、その後大規模な復旧工事を行ったことから、この間灯台への通路の通行を禁止し、灯台参観を中止しました。
 平成26年2月に復旧工事がほぼ完了し、安全性が確認できたことから2月22日に復旧完成記念式典を行うとともに、約3年振りに灯台が一般に開放されました。
 灯台の参観については、翌23日から再開されています。
鵜ノ尾埼灯台(うのおさき)
所在地     福島県相馬市
地上高     15メートル
海面高     40メートル(水面上から灯火まで)
光  度     160,000カンデラ
光達距離    17.5海里(約32キロメートル)
初点灯     昭和28年2月10日
 鵜ノ尾埼灯台は、太平洋の荒波に削られた断崖にそびえる白亜の灯台です。
 周辺にある展望台からは、太平洋と古くは相馬藩の保養地として賑わった日本百景「松川浦」を一望できます。
 東日本大震災の地震、津波による灯台への直接被害はありませんでしたが、灯台へ至る電力線路が被害を受け消灯しました。2012年10月25日に電力線路が復旧し約1年8箇月ぶりに再点灯しました。
 到来した津波は灯台周辺の釣師浜漁港、相馬港、松川浦漁港の各地区に甚大な被害をもたらしました。現在、復旧・復興の整備事業が進められています。
小良ケ浜灯台(おらがはま)
所在地     福島県双葉郡富岡町
地上高     12メートル
海面高     41メートル(水面上から灯火まで)
光  度     100,000カンデラ
光達距離    17.5海里(約32キロメートル)
初点灯      昭和30年3月28日
 小良ケ浜灯台は、福島県沿岸部の中央に位置し、避難指示区域では唯一の灯台で、海抜約30メートルの断崖上にあります。
 東日本大震災の地震、津波による灯台の被害はありませんでしたが、福島第一原子力発電所事故の影響により、送電の復旧ができず消灯しました。
 2年後の平成25年3月に、富岡町の避難指示区域見直し、陸域警戒区域解除により電力復旧が進み送電が再開、平成25年4月16日に復旧し再点灯しました。
番所灯台(ばんどころ)
所在地     福島県いわき市
地上高     11メートル
海面高     35メートル(水面上から灯火まで)
光  度     43,000カンデラ
光達距離    12.0海里(約22キロメートル)
初点灯     昭和3年5月15日
 いわき市三崎公園南側の瀬を望む岬先端に位置する番所灯台は、昭和3年5月15日に「綱取埼灯竿」として建設され点灯しました。設置年としては、福島県で2番目に古い灯台です。
 その後、名称変更と施設の建て替えが何度か行われ、昭和30年8月10日に「綱取埼灯台」から現在の「番所灯台」に名称変更されました。
 東日本大震災により灯塔に亀裂が入る被害を受け、倒壊のおそれがあったことから、災害復旧工事を行い、平成25年9月に、付近景観に配慮した六角形石造り風の灯台にリニューアルしました。






 戻る / TOP / プライバシーポリシー
Copyright(c) 2015 Fukushima Coast Guard Office All Rights Reserved.