本文へスキップ

管区紹介

○海上保安庁とは…

海上保安庁は、「海上の安全及び治安の確保を図ること」を任務としており、海上を舞台に幅広く活躍しています。このような任務達成のため、国内関係機関や関係国との連携・協力体制の強化を図りつつ、治安の確保、海難救助、海洋環境の保全、災害への対応、船舶交通の安全確保、海洋情報の収集・提供等様々な任務を行っています。

○第一管区海上保安本部とは…

海上保安庁は、全国を11の管区に分け、それぞれに地方支分部局である管区海上保安本部を設置し、担任水域を定めています。第一管区は、北海道全域を管轄し、その沿岸海域をはじめ周囲に拡がる太平洋、日本海、オホーツク海を担任水域とし、北海道小樽市にある第一管区海上保安本部のほか、19箇所ある海上保安部署・航空基地等と38隻の巡視船艇、10機の航空機により、日夜、海上保安業務に当たっています。

○第一管区の特色

1ロシアと隣接する国境管区

北方四島周辺海域及び宗谷海峡付近において、ロシア警備艇による日本船舶の被だ捕・被銃撃などの防止のため、巡視船艇により常時監視活動を行っています。一方で、密輸・密航などの不法活動の取締りや海難救助などの分野において、ロシア当局と相互に連携・協力しています。

2周辺海域が好漁場

北海道近海では、寒流と暖流が交差し、世界的にも有数な好漁場を形成しているため、日本漁船のほか、ロシア、中国、韓国等の外国漁船による操業が活発に行われており、暴力団等の悪質な密漁や外国漁船による違法操業が後を絶ちません。第一管区海上保安本部では、こうした状況を踏まえ、監視取締り体制を強化して密漁事犯や外国漁船による違法操業の摘発に取り組んでいます。

3厳しい自然環境

北海道の冬は酷寒で台風並みに発達した低気圧が頻繁に通過するほか、オホーツク海側には流氷が押し寄せ、船体や灯台も風雪により凍り付いてしまいます。このような厳しい自然環境下においても海の安全・安心を守るため、海難防止や海難救助に海上保安官は日夜従事しています。

○第一管区海上保安本部の業務


バナースペース


第一管区海上保安本部

〒047-8560
北海道小樽市港町5番2号

TEL 0134-27-0118(代表)