留萌灯台   
留萌灯台 留萌灯台は、1966年(昭和41年)に光源として、高輝度のキセノンランプを日本で初めて採用し、沖合いから留萌港の位置が視認できる高台に設置されました。

設置位置   留萌市塩見町の高台
         北緯  43度57分39秒
         東経 141度38分42秒

光り方     単閃白光 毎8秒に1閃光

光の強さ    14.0万カンデラ

光の届く距離 20.5海里(約38キロメートル)

灯台の高さ  地上から灯台頂部まで17メートル
          水面から灯火の中心まで58メートル