1931年(平成元年)の旧東突堤灯柱 留萌市塩見緑地に保存の灯柱
旧東突堤灯柱 東突堤灯柱
1931年(昭和6年)7月31日、留萌港東突堤に設置され、当時は緑色の塗装だったことから市民に「青灯台」の名で親しまれていました。
60年以上にわたり船舶の安全航行を見守ってきましたが留萌港古丹浜ふ頭の整備が行われたのに伴い、19994年(平成6年)8月に撤去され、「末長く保存し、留萌港の歴史を伝えよう」と現在の場所(留萌市塩見緑地)に保存されています。