本文へスキップ

採用情報(海上保安学校学生採用試験)

自分を育ててくれた海だから、自分の手で守りたい。


北海道内を中心に、各保安部署や巡視船艇などで勤務します。

勤務形態キャリアアップ待遇募集要項


勤務形態

 海上保安学校〔京都府舞鶴市〕において、1年又は2年間の教育を受けた後、初任は巡視船艇の乗組員として配属されます。
 巡視船艇では、船員として船舶の運航に従事するほか、海上保安官として治安の確保、海難救助、その他の業務に従事します。
 巡視船艇での勤務は、運航計画によるほか、海難救助等緊急時の出勤もあります。
  なお、巡視船には居住施設が完備されており、交代で船舶の運航にあたります。勤務時間は8時間勤務となっており、乗船勤務中には給食があります。


キャリアアップ

【潜水士等のスペシャリストの例】
 巡視船艇での勤務を経た後は、能力及び適性等を考慮し、管区本部、海上保安部署等で勤務、巡視船艇で勤務を経験しながら、キャリアを積みます。
 本人の希望と能力や適性に応じ、特殊任務(潜水士、機動防除隊、国際捜査官等)のスペシャリストになる道もあります。
 また、一定期間現場での勤務後、選抜された職員については、海上保安大学校(特修科)へ進み、幹部職員となる道もあります。


待遇

  • 給与
    海上保安学校入学と同時に国家公務員(海上保安庁職員)として採用され、給与(月額約14万円)やボーナス(年2回)が支給されます。
    また、入学金や授業料が不要なほか、制服等が貸与されます。
  • 勤務時間 一日8時間
  • 有給休暇 年20日
  • 育児と仕事の両立を支援する制度
    育児休業、育児短時間、育児時間、産前産後休暇、配偶者出産、育児参加のための休暇、子の看護、短期介護、介護、早出遅出勤務 等


募集要項

【海上保安学校採用試験】
  • 受験資格
    試験年度の4月1日において、高等学校等を卒業した日の翌日から起算し5年を経過していない者
  • 受付期間
    7月中旬〜7月下旬
  • 第一次試験(北海道内5ヶ所)
    札幌、函館、小樽、旭川、釧路
    9月下旬の日曜日
  • 第二次試験
    小樽
    10月中旬
    *航空課程のみ11月下旬
  • 第三次試験(航空課程のみ)
    東京
    12月上旬
  • 最終合格発表
    11月下旬
    *航空課程のみ1月下旬
  • 入校
    4月上旬


【海上保安学校採用試験(特別)】
  • 受験資格
    試験年度の4月1日において、高等学校等を卒業した日の翌日から起算し6年を経過していない者
  • 受付期間
    4月上旬
  • 第一次試験(北海道内5ヶ所)
    札幌、函館、小樽、旭川、釧路
    5月中旬の日曜日
  • 第二次試験
    小樽
    6月中旬
  • 最終合格発表
    7月下旬
  • 入校
    10月上旬

海上保安学校ホームページ

  http://www.kaiho.mlit.go.jp/school/

スタッフボイス

 私は海上保安学校を卒業した後、大型巡視船に配属され航海科乗組員として、東日本大震災への対応や領海警備などを経験しました。
 その後、本部総務課にて広報業務等を一年間経験し、現在は人事課にて給与計算等を担当しています。
 私は勤続年数が短いながらも多種多様な業務を経験しており、異動のたびに新たに学ぶことが多く苦労する反面、成長していく自分の姿に喜びを感じています。
 今後は経験した業務の中から自分にあった道を見つけ、その道のスペシャリストを目指していきたいです。