本文へスキップ

TEL. 0153-24-3118

〒087-0055 北海道根室市琴平町1丁目38番地

効果的な自己救命策の確保について

〜海中転落時に縄梯子(ライフラダー)を活用〜



  船舶や岩場から海中に転落した遭難者が無事に生還するためには、「海に浮かんでいること」「浮かんだ状態でも救助機関への連絡手段を持つこと」「救助機関の連絡先を知っていること」が必要です。

 このため、海上保安庁では、自己救命策の3つのポイントとして、
「ライフジャケットの常時着用」「携帯電話(防水パック)の使用」「118番の活用」を周知啓発しています。

 今般、第一管区海上保安本部では、「小型漁船ライフジャケット着用キャンペーン」にあわせ、船に縄梯子(留萌海上保安部発案)を準備するよう周知啓発を行っていきます。

 船上から縄梯子(ライフラダー)を垂らしておくことで、海中に転落した時に掴まり、流されるのを防ぎ、梯子を使って船上へ上がることもできるので、無駄な体力の消耗を抑え、生存の可能性を高めることができます。
 なお、ロープ一本で作成可能で、コンパクトですぐに使用できます。素材がロープですので、取り付けの際に船体を傷つける心配もありません。特に一人乗りの小型漁船等に乗る人は、ライフジャケット着用する他、自己救命策の一つとして活用してください。