本文へスキップ

TEL. 0153-24-3118

〒087-0055 北海道根室市琴平町1丁目38番地

アルバム

野付埼灯台

名称
位置

光り方
明るさ
光の届く距離
明弧
点灯年月日

野付埼灯台
北緯 43−33−49
東経145−20−51
等明暗白光 明3秒暗3秒
9,100カンデラ
12.0海里
全度
昭和28年11月5日

【灯台へのアクセス】
標津町から国道244号線を2km程南へ走行すると、野付埼への案内板が国道脇に立っています。 左折後約15分走行すると野付埼灯台です。

野付埼灯台は、根室半島と知床半島の間に位置する野付半島の先端、野付埼に設置されています。
野付半島は知床半島から海流に流され堆積した砂によって生成され、砂嘴(さし)と呼ばれます。 えびのしっぽのように曲がった野付半島の内側では6月〜7月および10月に打瀬舟による名産 「北海しまえび」漁が行われています。
また半島にはトドワラ(トド松の立ち枯れ)ナラワナ(ナラの立ち枯れ)が散在し、その独特な景観は、 遊歩道が整備されており間近で楽しむことができます。春から夏にかけてハマナス、ヒメシャクナゲ、 エゾカンゾウ、クロユリ等が花を咲かせます。晩秋から冬にかけては、野付水道をはさんだ対岸、 澄んだ青空の向こうに国後島を望むことができます。
野付埼灯台には電波の灯台が併設されています。 野付半島は標高が低いうえ平坦な地形のため船舶のレーダーに映りづらいことから、 船舶のレーダー画面上で灯台の位置を容易に確認できるよう、平成4年4月に「レーダービーコン局」 が設置されました。

灯台写真アラカルト

■戻る