本文へスキップ

TEL. 0153-24-3118

〒087-0055 北海道根室市琴平町1丁目38番地

アルバム

納沙布岬灯台

名称
位置

光り方
明るさ
光の届く距離
明弧
点灯年月日

納沙布岬灯台
北緯 43−23−07
東経145−49−01
等明暗白光 明3秒暗3秒
実効光度14,000カンデラ
14.5海里
105度から15度
明治5年(1872年)7月12日(旧暦)

【灯台へのアクセス】
根室市から道道35号線のオホーツク海側を東に向かって進みます。半島の先の近くになると、 オーロラタワー、四島(しま)のかけはしが見えてきますので、右カーブのところを左折し、 さらに進んで右折すると、灯台前の駐車スペースに着きます。

納沙布岬灯台は 、現存する北海道最古の灯台として良く知られています。 水晶島と納沙布岬灯台に挟まれている珸瑤瑁(ごようまい)水道は航路開設以来、 暗礁浅瀬により航海の難所として恐れられていました。このため明治5年(1872年)7月12日(旧暦)に 「日本の灯台の父」と称される英国人技師リチャード・ヘンリー・ブラントンの設計により 初代納沙布岬灯台が建設、点灯されました。その時から数えて今年(2013年)で141年を迎えます。 当時の灯台は六角木造で光源に石油を使用していました。
昭和5年に現在のコンクリート造の灯台に改築され、職員が灯台に滞在し管理していましたが、 平成10年4月から無人化されました。
現在、灯台の点消灯、停電時の発電機運転など全て機器は自動化され、万が一機器の異常が発生した場合は 保安部まで自動通報されます。また霧に対応し、霧信号(霧笛)、レーマークビーコン(電波の灯台)が 併設されていましたが、霧信号は平成22年3月、レーマークビーコンは21年4月に廃止されました。

灯台写真アラカルト

■戻る