本文へスキップ

海上保安官インタビュー(紋別海上保安部版)

紋別海上保安部の若手職員からのメッセージ!

人の為に何かできる仕事に就きたかった

○出身地は、佐賀県佐賀市です。
○海上保安学校卒業後、巡視船及び巡視艇、海上交通センター等の勤務を経験し、海上保安大学校特修科を修了して、主任航海士として勤務しています。
○志望動機は、人の為に何かできる仕事に就きたいと考えていたところ、映画「海猿」を観て海上保安庁の事を知り、その業務内容に興味を持てたことから海上保安官を希望しました。
○現在は初任幹部職員として巡視船の操船指揮を執っていますが、以前は船舶交通が輻輳する海域の安全を確保する海上交通センターで運用管制官の仕事をしていました。日本の海は外国漁船の違法操業が多く見られ、海陸空が連携して監視取締りをしていますが、外国人被疑者を初めて検挙、取調べをした時は、言語や考え方の相違もあり領海警備の重要性を痛感しました。
【受験者へのひと言】
全国各地に勤務地があり、転勤は付きものですが、異動先で色々な経験を積み重ね、多くの方々と交流を持つことで自分自身を向上させることが出来ますので、ぜひワクワクできる職場へ挑戦を!

海の何でも屋として

○出身地は、北海道釧路市です。
○海上保安学校を卒業し、主計士補として勤務しています。
○私は、漁師の家系で育ち、小さいころから海とふれ合う中で、いつしか海で働く様々な人の役に立つ仕事がしたいと考え、海上保安官を志しました。
○仕事内容は、普段は乗組員への給食や給与関係の事務を担当していますが、ひとたび、海上で事件事故が起きると、「海の何でも屋さん」として事件の取調べや負傷者の救助活動をしています。以前、機関故障船で負傷者発生という海難に遭遇し、負傷者の救助搬送と船の曳航を行ったことがあります。台風接近中という悪条件下でしたが、人も船も救助できた時は、強い達成感を覚えました。
○今は、海の安全を守るという使命のもと、厳しい訓練にも耐え、有事の際には、人々から「海上保安庁がきたからもう安心だ」と言って貰える海上保安官を目指していきます。
【受験者へひと言】
「海のもしもは118番」とよく言いますが、海で起こったことは全て海上保安庁が対応し、とてもやりがいがあります。海や船が好きな人、私が作る美味しいご飯を食べたい人、海保に来てください!

一緒に北海道の海を守りましょう

○出身地は、北海道札幌市です。
○海上保安学校を卒業後、巡視船の勤務し、現在は陸上部署で勤務しています。
○志望動機は、高校生のころ、どのような仕事をしたいのか考えていたところ、警察の「犯罪取締り」や消防の「人命救助」に関わる仕事に興味を持ち、高等学校卒業後、公務員専門学校に入校して初めて海上保安庁の存在を知り、海上保安官である友人から海上保安庁の警備業務の話を聞き、海上警備に携わる仕事がしたいと思ったのがきっかけです。
○仕事内容は、密漁など海上犯罪の取締りがメインではありますが、入港した外国船舶に対し立入検査を実施し、密輸・密航を水際で阻止することも仕事のひとつです。印象に残った仕事としては、夜間、日本の海域でかにの密漁を行っている外国船舶を見つけ巡視船でその外国船舶を追跡し、違法操業の容疑で船長を逮捕した事件が印象に残っています。その後、事件捜査に携わり、休む暇も、寝る暇もありませんでしたが、その事件が終結したときの達成感は何物にも代えることができませんでした。
【受験者へのひと言】
乗り物酔いする方も慣れます。(私は、乗り物全般がダメでしたが大時化の航海を経験し強くなりました)
一緒に北海道の海を守りましょう。



バナースペース







紋別海上保安部

〒094-0011
北海道紋別市港町5丁目3番10号

TEL 0158-23-0118