本文へスキップ

報道・広報

平成28年の海難発生件数について(速報値)


 平成28年に紋別海上保安部管内(網走海上保安署管内を除く)において発生した船舶海難及び人身事故の発生件数(速報値)を、以下のとおりお知らせします。

添付資料
 別紙1「紋別海上保安部管内海難発生件数(平成24年〜平成28年)」
 別紙2「船舶事故船種別発生状況」
 別紙3「海難発生件数の推移(平成24年〜平成28年)」

○解説
  1. 平成28年の海難発生状況について
    平成28年における船舶事故の発生はありませんでした。
    人身事故者の総数は7人となっており、そのうち船舶事故によらない乗船者の人身事故者数が5人(うち1人死亡)、マリンレジャー以外の海浜事故者数が2人(2人とも死亡)となっています。
    前年に比べ、船舶事故は2隻減少、人身事故は同数となっています。 
    なお、船舶事故減少(ゼロ)の要因については、当部が管内海事関係者に対して実施した海難防止活動のほか、船舶運航者自身の安全意識の高揚、維持が図られたこと及び船舶事故が発生した時点で、その原因や環境を調査・確認して海事関係者と共有した結果、事故減少(ゼロ)に繋がったものと思料されます。
    また、人身事故は依然数人の発生で推移し、そのうち作業中の負傷も含まれていることから、引き続き、安全指導及び海難防止講習会で事故防止の啓発活動を実施します。
  2. 船舶事故の発生状況(詳細は別紙1、2のとおり)
    船舶事故の発生なし(前年比2隻減)
  3. 人身事故の発生状況(別紙1)
    人身事故者の総数は7人(前年比同数)
    (1)船舶事故によらない乗船者の人身事故者数は5人(前年比同数)
       ※このうち、漁業関係者の人身事故者数は4人(前年比1人減)
    (2)マリンレジャーに伴う海浜事故は、前年に引き続き発生なし
    (3)マリンレジャー以外の海浜事故者数は2人(前年比同数)
    (4)人身事故による死亡・行方不明者は3人(前年比1人増)
      @ 船舶事故によらない乗船者の人身事故による死亡者は1人(前年比1人増)
      A マリンレジャー以外の海浜事故による死亡者は2人(前年比同数)
  4. 海難発生件数の推移
    別紙3のとおり
【用語解説】
・「船舶事故」について
 海上における船舶に「衝突」、「乗揚」及び「転覆」等の事態が生じた場合が該当します。
・「船舶事故によらない乗船者の人身事故」について
 船舶事故以外の事由により発生した船舶の乗船者の事故であり、漁船での操業中における「負傷」や船内での「病気」が該当します。
・「マリンレジャーに伴う海浜事故」について
 「海水浴」「釣り」「サーフィン」等の海洋における余暇活動に伴って発生した事故が該当します。
・「マリンレジャー以外の海浜事故」について
 余暇活動に伴うもの以外の海浜において発生した事故で「自殺」や「岸壁からの海中転落」等が該当します。


バナースペース


紋別海上保安部

〒094-0011
北海道紋別市港町5丁目3番10号

TEL 0158-23-0118