広尾海上保安署の沿革

「広尾海上保安署」

広尾海上保安署は、北海道日高山脈の東に位置した広尾町に昭和30年3月釧路海上保安部広尾分室として事務所を開設。
現在、釧路海上保安部 広尾海上保安署として、道東(十勝支庁と日高支庁襟裳岬までの沖合)海域を管轄し、今後ますます多様化する業務の中、この海を守り地域の人々に愛され信頼される海上保安署をめざし、地域と密着していきたいと考えています。
なお、平成23年7月2日新庁舎へ移転しました。

昭和30年3月1日 釧路海上保安部広尾分室として開設
昭和30年8月10日 分室庁舎広尾町から借り上げ
昭和35年8月10日 広尾分室に巡視艇ゆうぎり(18メートル型)
網走海上保安署から配属替え
昭和37年4月1日 釧路海上保安部広尾海上保安署に昇格
昭和40年10月8日 巡視艇ゆうぎり羅臼海上保安署に配属替え
昭和41年2月15日 新造巡視船かむい(130トン、PS41)配属
昭和41年12月12日 旧庁舎落成
昭和56年1月16日 巡視船かむい羅臼海上保安署に配属替え
昭和56年3月24日 新造巡視船とかち(528トン、PM04)配属
平成23年7月2日 新庁舎落成、移転(移転先住所はこちら



戻る